移住のリアル

子どものいない夫婦は、地方移住で歓迎されるのか?

DINKS夫婦は歓迎されるか?

移住に際して、心ひそかに気にしていたのが

「子どもいなくてもいいのかな?」

ということ。

移住って、「過疎地に子どもが来てくれてにぎやかになった!」と喜ばれるイメージ、ありますよね。

しかし、わたしたちのように

「これから子どもを持ちそうにもない年齢の夫婦」

というのは、地域にとってどのような存在になるのかと?

はっきりいうと、

「もっと若い夫婦が来てくれればねぇ~」

なーんて思われないのかなぁ、と内心いろいろ考えていました。

移住相談会でぶつけてみた

そんなある日、東京・有楽町で開催されていた高知県の移住相談フェアで、本山町のブースに立ち寄ったんですが・・・

その担当のおじさんが優しいかただったのでつい

あの、子どもがいたほうが喜ばれそうですけど、いなくても大丈夫ですか?

となんとも答えづらいであろう質問をストレートにしてしまいました。

するとおじさんは目をパチパチさせてびっくりしたようでしたが・・・

「全然問題ありませんよ!」

と言ってくれるではないですか。

そりゃもちろん「いやー、それはちょっと」とは言わんでしょうが、断言してくれるとホッとします。さらに

「わたしもUターンで本山に戻りましたが、独り身ですよ。アハハ」

とも。

なんだかとっても安心させてくれるおじさんでした。いまでも印象深いですねぇ。ありがとうございました。

こちらに来て気づくこと→40代は子どもだった

で実際こちらに来て思うこととして、別に子どもがいないことについてほとんどどうこうも言われないし、なんだか取り越し苦労だったなぁという感じです。

というか!!

こちらでは80代、90代が現役でバリバリ活動しているので・・・

40代のわたしたち自身が、彼らにとって「子ども」、時々「孫」みたいなもの・・・

これは盲点でした・・・

もうひとつ思ったのは、移住してうまくやっていくのに、子どもを地域との「かすがい」としてあてにするような考え自体が甘いというかやらしかった(笑)

そんな考えだと、仮にうちに子どもがいても行き詰まっていた可能性が高かったと思います。

ともあれ、新しいことを始めるにあたっては、「案ずるより産むが易し」なんですよね。