買い物

食洗機を買おうと思う!(後篇)

こんにちは、ななみんです。

先日こんな記事を書きました。

食洗機を買おうと思う!(前篇)こんにちは、ななみんです。 オットとふたり、週末のみのカフェを経営していますが、悩みのタネは、 たまに人手が足りない こと...

それからいよいよ、行動に移りました!

食器洗い乾燥機 NP-TZ100とNP-TH2 の比較

そもそもなぜか据置き型の食洗機は、ほぼパナソニックの独占市場で、あまり選択肢がありません。逆に迷わなくて済みますが。

パナソニックの食洗機は大きさが2種類あって、「レギュラータイプ」と「プチ食洗」と分かれます。

食洗機は大きいほうがいいし、うちで置けそうなスペースもあるので、レギュラーに絞り込みました。

さらに、パナソニックの食洗機レギュラーサイズは以下の3種類があります。

価格からいえば、

ハイエンド(松)
ミドルエンド(竹)
ローエンド(梅)

という感じ。

Amazonの価格(2019/2/6現在)でいうと、

  • NP-TZ100(松)80,000円前後
  • NP-TH2(竹)65,000円前後
  • NP-TA2(梅)64,000円前後

といったぐあい。

このうち、「NP-TA2」(梅)には、上位2機種にある

  • 自動で節電する「エコナビ」という機能
  • プラスチックも洗える「低温ソフトモード」

の2つがありません。

エコナビの有無でランニングコストがかなり変わるし、お弁当箱やジップロックボックスを洗いたいことを考えると、低温ソフトモードは必須。

食洗機の温水温度は意外と高くて、通常運転だとプラスチックは溶ける恐れがあるそうです・・・!

というわけで、NP-TA2(梅)がまず却下。

そして、NP-TZ100(松)とNP-TH2(竹)に絞られました。

NP-TZ100(松)がNP-TH2(竹)より優れている点は、主に下記の3点です。

NP-TZ100(松)がNP-TH2(竹)より優れている点

  • ナノイーXの送風で、臭いと雑菌を抑制(NP-TH2はナノイーX機能がない)
  • 汚れレベルを5段階で選べる(NP-TH2は4段階)
  • 自動ドアオープンがある(NP-TH2はない)

実際のところ、口コミを見ているとNP-TZ100のスペックはトゥーマッチというか、「そこまででなくていい」というのが、世の中の意見の大半でした。

コスパという点では、NP-TH2(竹)が最高のようです。

 

注)結局、この記事を書いた後に事情がありNP-TH2にしました。すみません。

わたしもこのNP-TH2を買う気でほぼ決めかけていたのですが、念のため近所の家電量販店に実機を確認しにいって、結局土壇場でハイエンドのNP-TZ100に変えることにしてしまいました!

その大きな理由が、「自動ドアオープン」機能

自動ドアってちょっと誤解を招きますが、別に目の前に立ったら開くというものではありません(逆に困る)。

ドアを軽めにタッチすると、「ウィン」と開く感じです。

それが何、という感じかもしれませんが、これは実機を触ってみないとわからないかもしれない。

NP-TH2のほうは、ふつうに「ガチャ」と押して開けるのですが、その動きの重さがなんとなくイヤだったのです。

それだけ・・・

洗浄機能は、正直NP-TZ100もNP-TH2もそう変わらないかもしれません。
ただ毎日使うものだから、ドアオープンフィーリング(そんな言葉あるの?)というか、使用感みたいなものはけっこう大事かなと思いまして。

どっちにしてもすぐ慣れるかもしれませんけど。

差額も結局10,000円程度のアップで済ませられそうなので、長く使うものだからなるべく自分にとって快適に使えるものにしよう!ということでNP-TZ100に決めました。

何を買うにしても、わたしは最上位機種(ハイエンドモデル)を買うことはほとんどないので、珍しい選択になりました。

↑ やっぱりミドルエンドの人間でした!

食洗機はデカい!場所の確保が重要

食洗機は、ほんとデカいです。やや大きめの石油ファンヒーターくらいあります。
ただ、うちはたまたま

「ここに食洗機を置いてくださいね」

と言わんばかりのスペースがあり、ほぼ悩む必要がありませんでした。
田舎の家は広いんですよね。

都会の家では悩むかもしれませんが、スキマにワゴンを追加したり、

台を置いたり、と、いくらでも工夫はできるようです。

食洗機は、大きいわりに意外と振動が少ないんだそう。
なので、ちょっと不安定に見える設置でも、水平で耐荷重がちゃんとしているものの上なら大丈夫なようです。

分岐水栓を選ぶ

どんどん話が地味になっていくんですけど、食洗機はお湯を水道から持ってくるので、通常使っている水栓から別途、管を引く必要があります。

そのとき必須なのが、分岐水栓。
うちではこちらを購入しました。

 

が、これは蛇口の形によって適合する水栓が変わってくるので、ちゃんと確認が必要です。
パナソニックさんのサイトでは丁寧な案内があるので、自宅の蛇口に合った分岐水栓を選んでくださいね。

設置工事は誰がやる?

据置型食洗機の設置は、実は工事というほどのこともなく、実質は、上記の分岐水栓の取り付けが作業のほとんど。

なので、自分でやれるという声も多数あるのですが

  • 20㎏の食洗機をキッチンに持ち上げるのも一苦労
  • ゴミ(段ボールなど)持って帰ってもらえる
  • 失敗がない
  • 不安がない
  • 設置後すぐ使える
  • 慣れていないと1時間くらいは作業にかかる

ということを考えると、設置工事費約8,500円を払っても、やってもらってもいいかなという結論に。

注)これまた、記事を書いた後に事情が変わり、自分(正確にはオット)がやることになりました。スミマセン。

ただ1回見てやり方をだいたい把握したら、引っ越しした際とかには自分でやろうと思っています。

高知は意外に食洗機が普及していた

先日、おねえさま方とお茶会をしていたときに食洗機の話になったら、その場にいた6人中4人の家にビルトイン型食洗機が入っていることを知って衝撃・・・!

というのも、そもそも日本は「食洗機後進国」で、全国でも普及率はわずか24.7%
アメリカはなんと90%以上だそうです・・・

収入レベルが全国的に見て低めの高知県は、食洗機普及率も低いのだろうと勝手に思っていたのですが、実は高知県の食洗機普及率は25.9%(22位)と、東京の20.1%(38位)を上回っていました

引用:都道府県データランキング 食洗機の普及率

ななみん
ななみん
食洗機の普及率は、たんに経済的な問題ではなくて、女性の働く率とか、女性の家庭内における意見の強さとか、新しもの好きの県民性とか、家の広さとか、そういうものが影響してそうですね

ななみん’s VIEW

じぶんでも食洗機の話が好きなんだなぁと感心しています。
このあと、設置してからのレビューが当然ありますからねぇ・・・

/// to be continued ///