移住のリアル

「高知に移住」といえばあの人の影響と決めつけられる話

こんにちは、ななみんです。

オットと「高知へ移住」することを決めたのは2015年の終わりごろ。

高知は夫のやりたい「林業」が盛んな県だったからです。

あわせて読みたい
縁もゆかりもない高知へ。40代が移住した理由。こんにちは、ななみんです。 わたしは、移住の下見の時まで、高知県はおろか四国にもろくに入ったことがありませんでした。オットもほぼ同...

 

移住に際しては、高知に関連する色々な人に会ってお話を伺っていました。

すると、やたら出てくるのが

「高知も変わって来たからね。イケダハヤトが現れて・・・」
「イケダハヤトの影響で移住者が・・・」
「この間もイケダハヤトの話で・・・」

「イケダハヤト」という単語。

わたしは本気で、みんな↓この人のことを話しているのだと思っていました・・・

池田勇人は、言わずと知れた1960年代の首相で「所得倍増計画」で有名な方です。

高知の方には申し訳ないのですが、

地方って、こんな昔の政治家の影響がまだあるんだ・・・!

と、思っていました。(なにか高知に道路を作ったとか)

よく調べたら池田首相は広島出身で京大卒。

高知には1ミリも関係なさそうだし、そもそも時代がおかしすぎる。

しかし、当時はすぐに「イケダハヤト」さんにピンと来なかったのです。

今はもちろん良く知っています(お会いしたことはないけど)。

とはいえ、イケダハヤトさんのターゲット読者は20ー30代の男性がメインだというから、40代半ば女性のわたしがよく知らなくてもそんなに失礼には当たらないと思う。

 

それだけで終わればまだしも、いよいよ本当に高知に移住すると決めたあとからも、会社の後輩などからは

「高知ですか!イケハヤさんみたい!」

「やっぱりブログですか~?」

「儲けてくださいね!!」

etc

いやあのだから・・・

若い人ならともかく、こんないい歳してイケダさんの影響で移住したなんて思われたら、なんか恥ずかしいし!

と言おうと思ったのですが、こういうのって言えば言うほどなんかウソっぽいですよね。

しょうがないのでもう途中から開き直り

うん、印税入ったらおごるよ~

と言うことにしてました。

でも

ブログに印税なかったですね。

(→ よくわかってなかった)