カフェ日記

”ゆるふわ”なはずの週末カフェ経営、その実態

こんにちは、ななみんです。

ひょんなことから、週末のみ営業するコーヒー店を始めて1カ月が経ちました。

注)春・夏は土・日・月の週3日、秋・冬は土・日の週2日体制です。

この記事は、

  • いつか自分もカフェがやりたい!
  • 週末は別の副業を持ちたい!

と思っている方に向けて、「ゆるふわっぽい週末カフェ経営」の実態をお教えします。

参考にしていただければ幸いです。

週末●●って響きがいい

特に会社員の人にとっては、「週末●●」ってなんか惹かれるものがありませんか?

わたしも会社員時代は、そうでした。

週末起業とか、週末カフェスタッフとか、週末サイクリストとか。いつもの自分と違う自分になれる感。

週末カフェ経営なんていったら、

  • ゆるふわ
  • マイペース
  • のんびり
  • 自分らしく
  • ゆとり

みたいな言葉が浮かんできます。

わたし自身も始めるときは、まぁ2日ならなんとかなるだろうという能天気な構えでしたが、実際は想像できなかったことが色々起こります。一言で言えば大変です

だからこそ「週末●●」に憧れる人には、慎重にやってもらいたいと、今なら言えます。

カフェを経営する前にはわからなかったこと

「いつかブックカフェができたらいいなぁ」

とかなり昔から思ってはいました。イメージとしては60代からだったのですが、意外な展開でこんなに早く関わることになったのですけど・・・

若いころ、飲食店でのバイトの経験はけっこうやっていたのですが、40代、しかも経営者となると全然別物。

やってみてわかった!ってことがとても多いのです。

判断ミスより、判断の遅れがリスク

バイトや会社員のときは、「最後の決断」はいつも ”上の誰か” が決めてくれていたことだったんですね。

しかし今は、すべて決めるのはわたしたち夫婦です。

メニューを変える、小さな備品を1つ買う、どんなことでも失敗すればそれはそのまま損失になります。

判断ミスが怖くて、決められない・・・ということもしばしば。

ですが、やっていくうちに

判断が遅れれば、選択ミス以上の損失になる

ということに気づきました。

どっちにしても「やってみるまで」その判断が正しいかどうかわからないんで、トライ&エラーするしかないんです。

だったら早い方がいいいし、判断を遅らせることは改善すべき点を放置しておくことにもなる。

これ、人生全般に通じるんじゃないかな・・・

そんなことも肌感覚で学びました。

思ったより体力がない

若いころは週に5日、フルで立ち仕事の飲食店の仕事もやっていたのに、今は週に2~3日(しかも半日)でけっこう疲れています。

わたしたちのように40代(以降)から何かしようというときは、自分の体力が思ったより衰えている可能性を十分考えておくべき。

60代からカフェ、と思っていたけど、実際にはその歳からは無理だったかもしれません。

想像の5倍、忙しい

ふと気づくと、なんかほとんど「休み」がないんですよね。

おかしいな~と思ってよくよく考えたところ。

営業は、確かに週に2日か3日

でもスイーツの仕込に1日。

店のレイアウトなど、細かいカイゼンにも1日

カフェ以外の在宅ワークもせねば。2日

あらゆる雑務やたまった家事の片付けに、1日かかる。

2または3+1+1+2+1=7日間または8日間

一週間消えてる・・・ていうか足りてない・・・

「週2日(3日)経営だから少なくとも4日間はヒマだな♪」ってノーテンキに構えていたわたしはバカだったなぁと思っています。

これ、「遠くのゾウは小さく見える」(=未来の自分は忙しくないと思うこと)という現象なんですけど、良かったらこちらを参考にしてください。

あわせて読みたい
田舎はのんびり?ダラダラ?時間の使い方が引き締まった!誰にでもおススメしたい「1440分の使い方」1440分の使い方 ──成功者たちの時間管理15の秘訣をレビューする 田舎に来て、フリーランスになって2年。 会社に行かなくてい...

常に自分を問われている、という緊張感に包まれる

個人カフェ経営=自分の世界観を表現できる、という理由で憧れる人が多いと思います。

メニュー、インテリア、店構え、ネーミング、すべてオーナーのセンスが全面的に出るのがカフェ経営。

それはとても楽しくやりがいのあることですが、一方で、常に「自分のすべてを問われてるような気持ち」にもなります。まぁこれは自意識過剰な部分があるかもしれませんが、わたしは常に緊張感を感じます。

個人カフェの場合は、自宅のダイニング・リビングに不特定多数の人を招きもてなすのとあまり変わりません。

そのあたりは認識しておいたほうがいいと思います。

ななみん’s View

いろいろ大変なことが多いながらも、人々と直接触れ合うカフェという仕事はやはり素晴らしい一面があります。

古くはカフェからいろんな文化やインテリジェンスが生まれていきました。才能ある人同士が交流したのもコーヒーハウスでした。

少しでもそういう場所に近づきたいと考えています。