移住のリアル

梅雨の季節は梅干しでしょう!そこらにある梅を頂きました。

なぜ梅雨は梅雨なの?

どうしてこの季節の長雨を「梅雨」というのかご存じですか?

調べてみたら

  • もともとは「黴(カビ)」の「雨」=黴雨(ばいう)という漢字が当てられていた。
    それではあまりに語感が悪いという点から同じ音の「梅(ばい)」の「雨」に変更された
  • 梅の実が黄色く色づく時期の雨であるから「梅雨(ばいう)」
  • 毎日のように雨が降るので、「毎」をあてた「梅雨」

など諸説あるみたいです。

ただ高知の田舎に来てみたら、梅雨に前後して、みんな一斉に「梅酒漬けたか?」とか、「梅干し仕込んだか?」とか

「梅の話題」

をしはじめるので、

  • 梅の実が黄色く色づく時期の雨であるから「梅雨(ばいう)」

って説を採りたいですね。(ただし地方によって季節がずれるかも)

 

梅酒・梅干しを漬けるビンのおすすめ

 

スーパーでも、梅酒や梅干し用に、梅を漬ける瓶、氷砂糖、塩、ホワイトリカー、焼酎等々がずらずらまとまって並びます。

梅を漬ける瓶と言えば、これが定番!

ちょっとおしゃれバージョンだとこちらです。

両方使ってみましたが、使い勝手はアデリアのほうが良いですね。口が広くて、使いやすいし、ふたの開け閉めもラクです。

見た目と、密閉性はセラーメイト。おしゃれな居酒屋で、「自家製リキュール」なんか作っているとだいたいこのビンに入れてます。

ですが、アデリアのレトロ感も見ているうちに好きになってきましたw

どっちでも良さそうなのでお好みです!ちなみに値段はアデリアが800円、セラーメイトが1200円程度で、ちょっとアデリアがお得。

人生初めての梅干しつくり

 

梅は結構そこらあたりに木が生えています。

いいなー、田舎って・・・

今回は友達が梅をくれました。

 

少し水に漬けてから、拭いて「へた」を取ります

これは結構めんどうなので、根気よくのんびりやりましょう。

わたしは「ナイツ」と「サンドウィッチマン」のライブを見ながらやります。

それから塩とはちみつで漬けます。

青いのは、重し代わりの保冷剤。

 

 

これでじっくり置いて、梅雨を越させるんですね。それから干すのだそう。

知らなかった・・・・!

左側は少し前に漬けた、もっと小さな梅の梅干しです。もうシソを仕込みました。

どうなんだろう。ともかくすべてがはじめてなので、ちゃんとできるのかどうか全く不明・・・

実験実験。

ちなみに梅シロップや梅酒はもっとカンタンで、氷砂糖と米酢またはリカーを入れるだけです。

 

番外編:ドクダミ茶つくり

さて、そんなことしていたら、横では夫が突然違うことをはじめました。

庭にはびこるドクダミたち。意外と花は可愛いといえなくもないのですが、とにかくすごい生命力でかわいいどころではない。

その花や葉っぱを乾かし・・・

炒っています。

ぐつぐつ煎じると・・・

なんだか良いお茶の香りになってきました。

ドクダミ茶の完成!

ちょっとドクダミ独特の香りが残るので、麦茶とかとブレンドしてもいいかもしれませんが、案外ちゃんと飲める味に!

花が咲く季節はどくだみの有効成分が最も効果的に高まるのだそう。

 

当然無農薬でクルマもほとんど通らないところなので、超ナチュラルですね。

 

どくだみは十薬と呼ばれるスーパー効能

ともかく効果ありすぎなドクダミ茶。

  • デトックス、毒だし効果
  • 抗酸化作用
  • 毛細血管を強化
  • 動脈硬化症
  • 脳卒中
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 狭心症
  • 脳病
  • アレルギー、アトピー、花粉症
  • 各種化膿症
  • 腫物
  • 胎毒
  • ピリン疹
  • 月経疹
  • 皮膚病
  • 肌をきれいにする
  • 浮腫、むくみ
  • 肋膜炎
  • 神経痛
  • 蓄膿症
  • 腎炎
  • 膀胱炎
  • 尿道炎
  • 夜尿症
  • 痔疾
  • 痔ろう
  • 胃酸過多症
  • 胃下垂
  • 胃アトニー
  • 便秘
  • 冷え性
  • 風邪
  • 頭痛
  • のぼせ

とりあえず飲んどけといった感じ。

実験実験。