四万十市・幡多

【しまんと暮らし】河川敷ゴルフ場が雄大すぎる件

さて練習場での打ちっぱなしに続いて、次はということで、「河川敷ゴルフコース」へデビュー。

年中日焼けしたおんちゃんが集うゴルフコース

正式には「中村ゴルフクラブ」といいます。

ふつうに考えて、四万十川沿いってなんかすごい

料金ですが、

  • 休日=2900円
  • 平日=2400円

です。

※ これは法人料金で、個人だと休日は3200円です。(平日は2500円)

でも、「個人も2回目から法人扱いです」って言ってました。

どうやって2回目ってわかるんだろう(・∀・;)

要するにあまりおカネを取ろうという感じがしません・・・

いざ四万十川を超えてコースへ向かう

クラブハウスの写真を撮り忘れましたが、かなり質素な建物です。

ゴルフバッグをかついでいきます。

小さいけど沈下橋。

河川敷に上がると

おお、ゴルフ場~!!

反対側に下ります

(もうこのへんでわたしは疲れています)

電動セルフカートは、と・・・

あるわけなかった!

手押し(引き?)です。

でもこれが、左右2輪なので意外とラクだったのは嬉しい。

コースは回り放題

コースは9ホール。200ヤード前後くらいのホールが中心ですが、中には500ヤード越えも!!

河川敷でこの規模っておかしくないですか?

ちなみに、わたしが以前住んでいた川崎市の河川敷ゴルフ場のコースの総ヤード数は約900で、ほとんどが200ヤードを超すホールはありませんでした。

ところが中村ゴルフクラブは、総ヤード数約2600。500ヤードを超えるホールもふたつあります。

田舎の河川敷ゴルフってみんなこんなもの??

とにかく驚きました~

というわけで、わりと初級者から上級者まで、いい練習環境なんではないでしょうか。

しかもこれ、まわり放題

河川敷なので当然アップダウンはほとんどなく。

北海道みたいな景色が開けてます。

この日は4月とはいえ、今年一番の暑さ。

ヘタクソにとっては、ツライです!

これまでのゴルフ歴で、18ホールなんとか回っていたのは、「電動カート」の恩恵があったんですね!

徒歩で回っていたら、12ホールでダウンです

この木陰で休みました・・・

まぁフィーが安いので、なんかあまり「もったいない」感もなくて気楽でした

 

ちなみに、基本的にはゴルフ場内には、何もないです。

死なない程度に無料の冷水が。徹底的におカネを使わせない(?)感じ!!

わたしが上の木陰でグーグー寝ている間に、夫とお友達夫婦は、全部で21ホール回ってました。

周囲はおんちゃん(おじさん)だらけ

ちなみにこの日はかなりの人出があって、前も後ろもすでに日焼けしたおんちゃん(おじさん)だらけ。

なんていうか、こっちのおんちゃんは「うまくて当たり前」(シングルだらけ)なんだそうです。

「都会もんとは練習量が違うけん」

とのこと。ですよねぇ。

なんか黒光りの年季が違いました。

おカネのかからなさが気持ち良い

河川敷ゴルフ、むだなところにおカネかからないところがなんか新鮮でした!

関東のゴルフ場って、

  • ピカピカのクラブハウス
  • パウダールーム完備のロッカー
  • 贅沢なランチ
  • 途中のビール
  • 大浴場
  • お土産充実のショップ
  • 電動セルフカート

etc

まぁもちろん、こういうの全体をレジャーとして楽しんでたところもあったのですが、とにかく、ゴルフ本体に関係のないところにおカネがかかりすぎでしたね~

これまでゴルフ=ちょっと贅沢って後ろめたさが結構あったのですが、今回初めて、ゴルフって球と穴と棒があればいい素朴なスポーツなんだ!って、ゴルフを見る目すら変わりました。

なにか清々しいのです。

おまけ

ここの注意点としては、クラブハウスでもほとんど飲食ができないこと。

ラーメンがあるというので頼んだら、

「インスタントラーメンを丼に入れたもの」

が出てきました。300円ね(・∀・;)

なのですべからく、自分で準備が必要です。