愛用品

【時短家電】食洗機とドラム式洗濯乾燥機を買ってみたら、電気代がこうなりました。

今年導入した大物家電、食洗機とドラム式洗濯乾燥機のレビューをまとめました。
ほんとに助けられています・・・!

【時短家電】 パナソニックの食洗機と日立ドラム式洗濯乾燥機、正直レビュー日立のドラム式洗濯乾燥機のレビュー 今年は(我が家的)超大物家電として、「ドラム式洗濯乾燥機」を買い(替え)ました。 導入時の記事は...

家電を増やしたり、新しくしたりすると、電気代や水道代が気になるところ。

いくら本体を安く買っても、月々のランニングコストが高いと正直厳しいです。なので買う時も、かなり電気代は気にしてました。

いまや「省エネ」は当たり前で、各社しのぎを削っているので、それほどかからないだろうなと思いつつも、やはり実際使うまではドキドキ・・・

だいたい傾向が読めてきたので公開します。

2019年の2月から食洗機、同9月から洗濯機買い替え。

  2018 2019 差異
1月 16,896 18,133 1,237
2月(食洗器導入) 15,467 10,942 -4,525
3月 9,171 10,161 990
4月 6,231 8,020 1,789
5月 7,342 8,638 1,296
6月 3,960 2,857 -1,103
7月 8,499 7,744 -755
8月 10,642 13,192 2,550
9月(洗濯機買い替え) 12,149 9,638 -2,511
10月 7,592 10,321 2,729
10月まで合計 97,949 99,646 1,697

うーん、なんか、正直よくわからない 笑

というのも、前年同月比とはいえ、年によって、気候が異なりますよね。

電気代で一番大きいのはエアコンなので、むしろそっちの変動のほうが影響が大きいのです。

(ちなみに、6月がやけに低いのは、海外旅行に行っているからです)

とはいえ、1月~10月の合計で見ると、今年が+1,697円と、まぁほぼ変わってないといえるでしょう。上がってなければ、良かったです。

ちなみに我が家は水道代が固定なので(田舎なので、集落で定額なのです)、こちらは変化ありません。

あと、時短家電といえば「ルンバ」が代表的ですが、我が家では取り入れる予定はなし。

都会のマンション暮らしで、共働きで、子どもでもいたら、導入していた予感です。

が、今の我が家はこちらで十分☆

マキタの掃除機ではコスパ最高。絶対おすすめできるCL107FDSHW の口コミレビュー重たい掃除機を戸棚から引っ張り出して、コードを電源に差してずるずる引っ張って・・・あー掃除ってめんどくさい!って毎日も終わり。みんなが掃除したくなる掃除機、マキタ107は掃除嫌いの人こそ使うべき逸品。...

家事の時短で浮いた時間は、せっせとブログやお菓子作りに費やしています。