くらし

【時短家電】 パナソニックの食洗機と日立ドラム式洗濯乾燥機、正直レビュー

日立のドラム式洗濯乾燥機のレビュー

今年は(我が家的)超大物家電として、「ドラム式洗濯乾燥機」を買い(替え)ました。

導入時の記事はこちら。

日立vsパナソニック。ドラム式洗濯乾燥機選び、夏の陣が終結 <買うなら8月>かれこれ数か月も悩んでいたというか楽しんでいたドラム式洗濯機選びが終結しました! 勝った(買った)のは日立。 本当にぎりぎりまで、パ...

導入からはや3か月近く。とても快適に動いています。

満足している点

パナソニックと日立で悩み、日立を買ったのは「乾燥機能」を重視してのこと。

その点では100%満足しています!

ともかく乾燥能力が高くて、しわにもなりにくく、カラリと乾いていうことなし。

かといって、布地があまり傷んでいる様子もないです。

雨と湿気の多い高知では、とてもありがたい。

不満な点

おおむね満足していますが、細かいことをいえば、いくつかありますね。

脱水や乾燥の音がうるさい

静かなときもあるので、洗濯物の内容によるのかもしれませんが、特に脱水のときの揺れがなかなかすごいです。

洗濯機の上に置いている小さなゴミ箱が落っこちたりしています。

小さい靴下が隙間にハマる

微妙なストレス・・・(しかも脱水も乾燥もされない)
ネットに入れればいいんでしょうが。 

乾燥後に、ホコリを毎回取らないといけない

これは買う前からわかっていたことなので仕方ありません。
以前の洗濯乾燥機ではなかったんですけど、逆にいうと、以前はホコリはどこへ行っていたんだろう?

日立のドラム式洗濯乾燥機 総合点

★★★★☆

★4つというところです!

正直なところ、ときどき「やっぱりパナソニックのほうが良かったのかな」なんて思ったりもしてます。でもたぶん、パナソニックにも、一長一短はあったでしょう。

実質15万円くらいの買い物だったので、少なくとも10年は持ってほしい・・・!
(洗濯機の寿命は7年といいますが)

パナソニックの食器洗浄乾燥機のレビュー

さて、もうひとつの大きな家電は、食洗機。

↓実際に購入したのは、こちらのひとつ前の型になりますが、機能はほぼ変わりません。

導入時の記事はこちら。

【パナソニック食器洗い乾燥機NP-TH2レビュー】5人分40点洗えるコスパ最高モデルこんにちは、ななみんです。 先日からさわいでいた食器洗い乾燥機、やっと購入・始動しました! https://nanami-k...

満足している点

2人分の食器と、調理器具(なべ、フライパン)がほぼ入ります。
洗いあがりもキレイ!

熱いお湯を使うので、衛生面的にも手洗いより良いなと思います。

不満な点

不満というわけではないですが、これから買う人に一応伝えたいこととして、食洗機って万能ではないってことがあります。

多少の下洗いも必要だし、食洗機に並べるのが面倒で、結局手で洗ってますという人も、周りに少なくありません。

それに、我が家は2人暮らしなので、1回の食事では、まとまった量にならないこともあるんですよね。
洗わないで置いとくのはあまり好きではないので、つい手で洗ってしまいたくなる、というのが実態です。

パナソニックの食器洗浄乾燥機の総合点

★★★★☆

実質、4.8くらいです!!

我が家はカフェ営業日やその前は、ケーキの試作、食事作りがいっぺんにあって、1日中、作る、洗う、作る、洗う、の繰り返しでさすがに疲弊します。

そんなときは、食洗機が神。

わたしが別のことをやっている間に、「ザー」って淡々と食器や調理器具を洗ってくれる食洗機様。

「あ、ひとりじゃないんだ・・・」

という感覚が救いになるのです。
食洗機って機械じゃない。同志?親友?みたいなものです。

欧米では当たり前の家電、その理由がよくわかります。

時短家電=ぜいたくではない

人によっては、食洗機や乾燥機を「ぜいたく」という人もいますが、機械というのは、人間を雇うことを考えたらずっと安く働いてくれるありがたいものです。

わたしはそこを人間がやるほうが、よほどぜいたくなような気がするんですよね。

一番、ランニングコストがかかっているのは、人間ですから。

今後も、機械に任せられるところはうまく任せて、自分がやるべきことに時間を割いていきたいものです。