会社辞めた話

退職を決意した日のこと。雪だ。会社辞めよう。

「会社員を辞める」ってすごい決意のようですが、最後の最後っていうのは、ほんとうに

崖の淵からポンと背中を押されるような

そんな程度の小さなことがトリガー(ひきがね)になるものです。

退職を決意した日、わたしの場合。

大雪のせいで、駅から溢れかえる群衆

2016年2月のある日、東京を大雪が直撃してました。

朝、最寄駅の田園都市線の駅に着いたら、間引き運転で電車の本数は少なく、乗れない人が駅にあふれて大混乱でした。

まぁちょいちょい起こることですが、その日も駅前には何のデモ行進かと思うような人だかり。

ホームにたどり着くまで軽く2時間はかかるな・・・

と感じました。

ただ、わたしの通勤時間が遅めのせいか、最後尾はこれ以上あまり伸びそうにないです。

ということは、2時間並んでホームに着いても、2時間どこかに座って空いてから動いても、結果は同じ?

だったら座って待ちたい。

なんで迷わず、駅前のマクドナルドに入って、特に食べる必要もなかったポテトを食べながら待ちました。

マクドナルドの2階から見下ろす、大量の人々。
静かにマジメに、文句も言わず並んでいます。

すごい忍耐力だな・・・と思う一方で、「なんなんだろうコレは」とだんだん冷静に、そしてこの状況そのものが不可解でなりませんでした。

今日通勤する必要がホントにあるのか?

そして2時間経過・・・

わたしはまだマクドナルドにいて、チーズバーガーセットまで食べ終わっていました。
何やってるのか。

そのころになると、行列に並ぶことに疲れ果て諦めはじめた「行列リタイヤ組」が出始めて、みんなやはりマクドナルドに休息を求めてやってきます。

そんな疲れ果てた人を眺めながら、ふと我にかえってみたんですけど・・・

そもそも、今日、会社に絶対行かなきゃならない理由ってあったけな?

この日は大事な会議もない。(そもそも大事な会議ってある?)
アポイントもない。
提出期限のものもないし、今日必ず決断すべきこともない。

あれ?これ休んでも良いやつ?

上司の返事に、辞職を決意

急に嬉しくなり、会社に電話。

わたしあのー、雪の電車遅延で、今から出社しても、昼過ぎになりそうで」

自分から休みますとは言いづらい!
空気読め上司!!

<妄想>

上司
上司
もう今日は休みでいいよ~、有休も全然使ってないでしょ

わたし
わたし
あ、そうですか?いやー色々気にはなるんですけど(ウソ)、でも自宅でちょっとアジェンダ整理しときます(意味不明)

<現実>

上司
上司
あ、何時になっても良いですよ!焦らず、気を付けて来てくださいね~

わたし
わたし
あ、はい

 

何時になっても、こっちが良くないわ。
ちなみに1ミリも焦っとらんわ。

 

※ わたしの上司はきわめて良い人でした、念のため。

でもこの時なぜかわたしの中で何かの糸が切れて、こうなりました。

なんていうか、すべてが茶番というか、とにかくばかばかしくなったんです。

振り返って想うこと

もちろん、この日の雪だけが理由で会社を辞めたのではありません。

それまでずっとずっとコップに満ちる水のように、溜まってきたもの。
この雪の日の出来事は、コップの水をあふれさせた最後の一滴だったに過ぎません。

それでも、この日のことは

理不尽な状況の発生。
ごまかしつつやりすごす時間。
最終判断はいつも上司。

という、自分の会社員人生すべてを凝縮したような、象徴的な出来事だったように想うのです。

とはいえ、足かけ20年。自分なりにぎりぎりまで会社員として頑張ったような気がしているためか、今思い返しても晴れやかに思い出せるこの日です。

大きなことほど、案外さりげなくやってくるものですね。