会社辞めた話

転職活動は情報戦。エージェントを活用して納得いく人生を歩もう

こんにちは、ななみんです。

40代を過ぎてから外資系の大きな企業に転職した経験があるため、時々転職に関係する記事を依頼されて書くことがあります。

結局、今はこうしてフリーランスになっているものの、会社員としての転職活動に関しては後悔しているところが多いんです。

これから転職を考えている人(特に40代以上)にとって、少しでもわたしの経験が役に立てばなぁと思って書いてみます。

わたしの転職活動と、後悔

わたしは42歳で外資系の大企業に転職し、年収も3割上がったので一般には「転職の成功例」と言われます。

しかし現実はというと。

年収と待遇、人間関係には恵まれているものの、まったく仕事がオモシロくないという結果に・・・

結局、いくらもらっても、人間は面白くないことは続けられません。
「年収2000万で、毎日レンガを運ぶだけの仕事」
ができる人ってなかなかいないですよね。

転職活動が面倒で大変だったので、早く終わらせたい一心で、はじめのほうに決まった会社に深く考えず決めてしまったのです。わかりやすいほど浅はかな・・・

まぁそこが「あまりにつまらなさすぎた」おかげで脱サラの決心がついたんだから、人生は何が功を奏するかはわかりませんが・・・。

退職を決意した日のこと。雪だ。会社辞めよう。こんにちは、ななみんです。 「会社員を辞める」ってすごい決意のようですが、最後の最後っていうのは、ほんとうに 崖の淵からポン...
ただ、やはりあのときにとことんまで転職活動に向き合い、しっかりやりきっていたら、違う人生があったかもしれないと思う気持ちもあります。

また仮に最後は同じところに着地していたとしても、不完全燃焼な気持ちはなかったでしょう。

不完全燃焼みたいなものは、一生心にまとわりつきます。

これから転職を考えるかたには、そうした思いはしてほしくないです。

今さら知る、転職エージェントの多さ

転職記事を書くにあたって今さらながら転職の情報を得ているのですが、驚くのは転職エージェントの豊富さ。

転職エージェントとは、仕事を探す人(求職側)と人を探す企業(求人側)とをマッチングするサービスをしているところです。

求職者側は求人紹介や転職スキル向上のサポートなどをほとんどの場合、無料で受けられます。

転職エージェントは、求人マッチングが成立したときに、求人側の企業から受け取る報酬で成り立っています。一般的に、採用された求職者の年収の2割程度らしいです。

自分が転職活動をしているとき、登録したエージェントは適当に3社・・・
もっと調べて、いろいろ使えば良かったなぁ。
後悔しているのはこの部分ですね。

ちなみにこちらから500社近いエージェントの情報が一覧できます。

en ミドルの転職

意外にも、転職エージェントを使って転職している人は、全体の3割くらいしかいません。

出典:DODA https://doda.jp/guide/ishiki/

つまり転職エージェントを使うだけで、7割のライバルより優位に立てると言えます。

転職エージェントの情報量は個人で活動するのと較べものにならないほど大量なので、特に求人の少ない40代以上では絶対使うべき!

上手に転職エージェントを活用するための3つのポイント

転職活動についてリサーチしていく中で感じた、「上手なエージェントの活用」には大きなポイントが3つかあります。

ポイント1.転職エージェントは複数使う

エージェントへの登録や面談は、正直面倒。

でも少なくとも3つか4つは登録したほうが希望に近い転職ができる可能性が高いと思います。

ここは少し頑張って、しっかり登録したいところ。

必ず使いたい大手エージェント

リクルートエージェントかDODA。
どちらか必須、両方登録してもいいくらいです。
この2つのエージェントは、どちらも求人件数が全国で10万件を超えてきて、情報量が圧倒的。

サポートも安定しているので、まずはここからはじめて「転職市場全体の概況」を知るのが、効率的な活動の第一歩ですね。

中堅のエージェント

中堅エージェントの中でもメジャーなパソナとマイナビ

パソナはもともと派遣業で有名なので、女性の人材を扱うことに慣れていますし、会社自体も女性の管理職などが多いせいか、全体に柔らかい優しい雰囲気です。

マイナビは日本最大級の就職情報サイト「マイナビ」などを運営する株式会社マイナビの転職エージェントで、「新卒でもお世話になり、20代~30代の第二新卒でもお世話になる」的な使い方が多いらしいですね。

そのため、ちょっと「若い人向け」の印象があり、わたしは避けてしまいましたが、評判は安定しています。

ハイキャリア向けエージェント

ハイキャリア、つまり「高収入」「高学歴」「高スキル」な人向けのエージェントです。

求人も、上場企業や高年収のものが占める割合が高いので、ムダのない活動ができます。

わたしは転職活動時、こんなところはじぶんが行くところではない・・・!と気が引けてしまっていたのですが、今、いろいろ調べてみると、実は極端に敷居が高いというわけでもなかったんですよね~

もちろん相手にされない可能性もありますが、相談だけはタダ。

思い切って行ってみたら良かったかなぁと今さら思っています。
情報収集にはなりますし、「奇跡」ということもありえたし(笑)

目安として年収600万円を超えているひとなら、相談の価値はありそうです。

ランスタッドは、外資系エージェントの中では、ちょっと敷居が低くてとっつきやすい。

エリートネットワークは、社員のみなさんがほとんどリクルート出身で名前の通りエリートとのネットワークが強い。

といった具合に、中小のエージェントになってくると、個性豊かで面白くなってくるのが特徴ですね。

個性のあるエージェント

小さなエージェントは、求人件数では大手には及びませんが、その分得意分野に集中しているので、個性がはっきりしていておもしろみがあります。

わたし的には、「大手と中堅から2~3社」に加え、「自分の方向性に強い専門的なエージェント1社」の3社から4社くらいに登録するのがいいと思います。

余力があれば、もっと多くてもいいのですが、情報の整理がちょっと大変かもしれませんね。

ポイント2.担当者との相性が大事

わたしの場合、最大手のリクルートエージェントの担当者とまったくソリが合いませんでした。

態度が「転職させてやる」みたいな雰囲気で、さらになんだか終始不機嫌な感じでもありましたし。

今思えば、最初のエージェントだったので、わたしも態度が弱気すぎました。もっと毅然とすべきところはすべきでしたね

そのせいで早々にリクルートエージェントとは疎遠になったんですけど、担当者を変更してもらってもう少しじっくり取り組んでも良かったかも。

担当者も人なので、当然人間同士としての相性もあるし、能力の当たりハズレはあるんです。

たったひとりの印象で決めてしまったのは良くなかったかな、というのは反省点です。

担当者の変更というのはよくあることで、まったく遠慮せずに伝えていいみたいです。

ポイント3.転職エージェント側の事情も考える

大人同士という視点でいえば、転職エージェントのほうもお仕事だよな、ということは理解すべきだと思っています。

たとえばこちらが何を希望しているのかをきちんと伝えないと、相手も紹介のしようがないでしょうし、レスポンスなどの対応が遅いのも迷惑になるでしょう。

それにはじめから全く行く気のない会社に興味本位だけで面接ばかり行くというのも、エージェントの時間を奪うことになると思います。

結局のところ、そういうところに配慮できる人のところに、よい案件を紹介しようという気持ちになるものだと思います。

エージェントも、中身は人間ですから。

ななみん’s VIEW

会社員→フリーランスになってみると、初めて知る大変なことも多くそれなりの忍耐とか努力とかも必要になってきます。

こんな大変だったら、会社員戻っちゃおうかな~なんてふと弱気になるときに、乗り越えられるかどうかは、「会社員としてやるべきことはもうやった」という気持ちがあるかどうかだったりします。

転職は一生に関わることですし、焦らず、面倒がらず、じっくり取り組んでもらいたいものだと自分の経験から感じています。

ぶっちゃけ、会社を辞めることはいつでもできます。

なるべく良い会社を見極めてそこにいるというのも、賢い選択だと思います。

いずれにしても「やり残した」ことがない、納得いく人生を送りたいものですよね。