想う

ジャザサイズって楽しいの?会費は?服装は?1年体験した私がすべて答えます

ジャザサイズって、ご存じでした?

ジャザサイズは1980年代に、アメリカから日本に導入されているフィットネスプログラム。

実は世界的に有名なフィットネスなんだそうですが、日本では一番盛んな広島県以外ではなぜか知名度は低めでわたしも全然知らなかった・・・!

たまたま、高知で知り合ったお友だちがなんとジャザサイズのインストラクターだったのでちょっと覗いてみたら、意外なほど楽しかったのでご紹介してみます。

(2018年7月現在、家庭の事情で休会してます)

ちなみにド田舎にも関わらず、「どこにこんなにいたの・・・?」というくらい、たくさんの女性が参加していてびっくりです。その数、毎回数十名!

ジャザサイズの会費は?

ジャザサイズは全国にフランチャイズ教室があります。

重要なのは、その教室によって会費が異なるということ。

たとえばわたしの通う高知県宿毛市の山中教室(週に最大6回通える)だと

こんな感じ。(ジョインニングフィーとは単発で参加すること)

ほとんど毎日通えて、1カ月約5000円て・・・安くないですか???

週に6回ということは、もしフルに通ったら1回あたり200円くらいになっちゃいます。

実際に通うクラスの会費はこちらから検索できますので見てみてください。

ジャザサイズの会費

ざっくりいうと、「都会ほど高い」、「通える回数(設定クラス)が多いほど高い」といえそうです。

定期的に「無料体験月間(週間)」などのキャンペーンがあるので、それを利用して気軽に試してみるのがいいと思います。

ジャザサイズの服装は?

写真ではみんなキレキレの格好をしていますが・・・

実は、なんでもいいんです。

Tシャツに短パン、OK。ブラトップにレギンス、OK。要は動けるものならピチピチしてなくてもなんでもいいんです。

もちろん、「それっぽい」格好をしたほうがより気持ちがアガると思いますが、続けられるかどうかわからないのに、初めから全部そろえるのも勇気がいりますよね。

なのではじめは、ユニクロで揃えた上下とかで全然構わないと思います。実際、わたしの通う教室でもみんな本当に自由。(というか、適当・・・?)

慣れてきたらいろいろオリジナルウエアを揃えると楽しそうです。

ちなみに、初心者こそ専門的なものがいいなと思うのは、唯一「シューズ」です

ダンス専用シューズは、大体14000円前後で、最新のものはジャザサイズでも手配してくれます。自分でAmazonとかで買ってもOK。

これもわたしは初めは普通のスニーカー(アディダスとか)でやっていたので、それでも大丈夫です。ただ、ダンスシューズはめっちゃ軽いので、やっぱり動きやすいですね~

足を守る意味でも、シューズは投資価値が一番あるものだと思います。

ジャザサイズで必要な道具は?

服装以外で必要なものは、下記の3つ。

  • ダンベルとチューブ

∇この写真∇にある、水色のものがジャザサイズ専用のチューブで、1000円ちょっと。

ダンベルは市販のもので、わたしの場合は2本で1500円くらいでした。重さは好きなものでOK。

  • マット 

ジャザサイズ専用のものもあります。(4~5000円)。それ、厚みがあってとても良いですが、わたしがヨガマットをもともと持っていたので、それで代用しました。それでも全然いいのです。

以上です。ジャザサイズは、教室で決まったコレを買え!と押し付けるところが全然ないのが良心的だなと感じます。

というわけで、意外にも初期投資は限られているので、会費と併せてもリーズナブルなスポーツに入るのではないでしょうか。

ジャザサイズってどんなことするの?

さて肝心の「ジャザってなにするの?」って話ですが・・・

かんたんにいうと、ダンスフィットネス。1時間のレッスンの中で、ぶっつづけ15曲くらいの全米ヒットナンバーに合わせて踊ります。

ただし、ダンスするだけで終わらないのが特徴。

1時間の間に、ダンス、エアロビクス、ヨガ、ピラティス、キックボクシング、ダンベルやマットを使った筋トレ、チューブを使ったトレーニングなどの動きをふんだんに取り込んでいます。

詳しく言うと、

  • ウォームアップ
  • エクササイズ(有酸素運動)→ ここだけで30分
  • ダンベルやチューブを使った(使わないものもあり)筋トレ
  • ストレッチなどクールダウン

とざっくり4パートくらいに分かれます。

具体的には、インストラクターから「はい次ダンベル~」とか「チューブ行くよ~っ」とか、曲の合間に指示を出されますよ!

1回やってみたら、合うか合わないかわかると思いますよ!

ジャザサイズの魅力

ジャザサイズ、わたしの感じる魅力をまとめてみました。

飽きさせない

1曲ごとにやることが変わるので、飽きるヒマがない!これシンプルにいいですね。

わたし、ランニングマシンとか筋トレマシンを黙々やるのが向いていないのです。

飽きなくて楽しいな~と思うエクササイズは珍しい!。

ポジティブで気持ちがアガる

うちのインストラクターは(友人ということを抜きにしても)動きにキレがあるし、声も張りがあって、とにかく明るくなれる!

それに、「踊る」っていうのは基本的にポジティブになるようにできているんだと思います。

実際、参加者はみんな楽しそうですしね。そのへんはもうよさこいとか阿波踊りとかと通じるレベルなのかも。

よさこい

ジャザサイズ

阿波踊り

短い時間でみっちりトレーニング

わずか1時間なんですが、その間はほぼぶっとおしです。

はじまりと終わりがスパッとしているところもムダがなくていい。

しかも有酸素・無酸素運動の両方が組み込まれているので、運動量も質もばっちりです!

初級者でも上級者でも楽しい

これは、意外に重要。

うまくなる前につまらなくて辞めちゃうってけっこうありますよね。

でもジャザは、初心者は初心者なりの動きをすればよいのです。最初はついていくだけでも楽しい。

ひとりひとりが勝手に踊るエクササイズなので、どんなにヘタでも誰にも迷惑をかけません。

いっぽう、上級者になれば、動きにキレが出て、「カッコいい」レベルにきます。

「カッコいい」に限度はないですから、上級者になればなるほどハマっていくみたい。

しかもそのころになるとなんだかカラダも締まってくるので、カッコよさに磨きがかかる感じがします。

ななみん’sView

アメリカ発祥のせいでしょうか、「楽しまなくちゃ意味がない」という雰囲気が伝わってくるのがジャザサイズです。単なるスポーツともエクササイズとも、なんか違うんですよね。

メンタルが前向きになるというのがポイントです。

こういう都会的な趣味も、探せば田舎でも楽しめますよ!ということで。