小規模林業

10月の林業でまさかの熱中症・・・グダグダ過ごす

こんにちは、ななみんです。

我が家(主にオット)は、個人でやる林業に取り組んでいます。わたしはそれを楽しめる範囲で手伝っているんですが、今日はそんな1日のお話。

ある日の林業ワーク

今日は夫婦二人して、朝から意気揚々と山に出かけました。

樹木で混みあっている山をきれいにします。

安全のため、ロープをかけて。

ばっさりと伐り倒し・・・

枝を払ったりします。

山がすっきりすると気持ちがいいもの。

しかしこの写真のあと、わたしはたった3時間程度の作業で脱落しました。

暑いから!!

10月に熱中症??

今日のここの気温、クルマの温度計が示す外気温はなんと30度

繰り返しますが、10月中旬です。

しかも湿度が高くて、じんわりまとわりつくような暑さ。

ほぼ東南アジア。

せっかくのごはんもろくに食べられず。

めまい、頭痛、ほてり、だるさ、と、立派な熱中症の症状でした。

高知に来てから、夏はもちろん、春でも秋でも結構あるんです。こういう軽めの熱中症。

作業しながら復活することはないので、休むしかない。

ひとり残されるオットは気の毒ですけど。

ただ、ムリに作業をやっている人がいると、周囲全員が危険に巻き込まれるのが林業。だから体調が万全でない人は、休むことが周りのためだったりするのです。

結局、午後いっぱい寝て終わりました。

ななみん’sView

ぐったり寝ながら、考えました。

今日は暑くてきつかった。

何度もコロコロ転んで泥だらけになった。

そして常に危険と隣り合わせ。

あー、やっぱり、林業ってどっから見ても立派な3K!

※ 3K = きつい・汚い・危険

 

がしかし。

「もうやだな!やめよ!」という話に夫婦でなることはない。なんでだろう。

それはたぶん、

  • 上手く作業ができた「快感」
  • 大自然と対峙している「感動」
  • 安全に終わった1日へ「感謝」

という、よりデラックスな3Kも見えてるから。

3DK?

そんな気がした。

いや、もっともっとあるかもしれない。

6LDKくらいあるかもしれない。

それがわかるのは、まだまだこれからだな。