コーヒー&スイーツ

【スイーツ情報】東京のジェラートならまずここから。すべてがワンランク上のアクオリーナ@祐天寺

東京でトップクラスのジェラートの名店といえばここ、アクオリーナ

上京したら必ず立ち寄りたいところです。東横線の祐天寺駅から徒歩10秒!

開店(14時)とともに夫となだれこんだのですが、他にもなだれこんでくる人々ですぐに店はごった返しました。びっくりするよ!

シンプルな店内に数席のイートインがあります。

ちょっと見えにくいですが、ジェラートの容器はふたつきです。

今日は、まず

  • プラム(大石早生)
  • バナナラム

プラムはいまが「旬」!!

期待通りのさわやかで果物そのものの味わい。というか、果物そのものより美味しくなってる

バナナラムも、ねっとりした感覚がたまりません。ラムも高級感たっぷり。

2つめ。

こちらはピスタチオニホンハッカという珍しいフレーバー。

こういうところにきたらピスタチオを食べたい!

酒のつまみのピスタチオナッツが、なぜかジェラートにするとめちゃめちゃ美味しいんですよね。

甘ったるすぎず、「豆って美味いな!!」と感じる瞬間。

もちろん、いいピスタチオを使っている前提。お店のHPによると、

王道、ピスタチオ。あまり深くローストをせず、フルーツのようなピスタチオそのものの香りを生かして作りました。シチリアの友人が栽培する素材を使った、祐天寺のお店でも人気商品。

なんですって。

そしてミントじゃなくてニホンハッカ。実際にはミントととても似ていますが、さらにやわらかい感じを受けました。これも暑い日にはほんとに美味しい。

なんか美味しいのでつい3つめに突入!

今度は3種盛りにしました。はじめからこちらにしとけばよかった!

オリーブオイル、アマゾンカカオ、セイロンシナモン。

オリーブオイルフレーバーは、このお店の代名詞とも言えます。

2007年アクオリーナのネット通販開店時からのメニュー。モライオーロ、フラントイオなどトスカーナを代表する品種で作られたオリーブオイルと最適な配合を考えたミルクのベースを合わせて作った
ジェラート。オリーブオイルのさらなる可能性を探ってみてはいかがでしょう。

まさに「オリーブオイルとミルク」でなんかイタリアに来たみたいだなぁと思えたし、味は美味しいのですが、

ジェラートはオリーブオイルじゃなくてもいいかも

とは、思いました(・∀・;)

もちろんお好みです!

 

アマゾンカカオ、セイロンシナモンはそれぞれ香りがゆたかで口当たりは最高で、本当においしいです。

特にシナモンはあまり得意でないのだけどあえて注文してみた一品。

素晴らしいフレーバーに仕上がっていました。

 

やっぱりアクオリーナは美味しいです。さすが。

2種盛が580円、3種盛が630円と、お値段もかなりハイグレードですが、素材の良さを考えると、まぁいたしかたないかなという気もします。

そして、一路高知へ帰りました。

羽田から高知は1時間ちょっと。近いんですよね~