オススメ旅

物価・医療レベル・教育・・・こぞって憧れる「ハワイ移住」はほんとに幸せ?

ハワイ移住を夢見てみる

【ハワイ移住】ってめっちゃキラキラしていますよね。

日本と違って湿度の低いさわやかな気候。常夏でいつでも気軽な薄着、健康的な小麦色の肌。すぐに透明度抜群のビーチに行かれて、そのそばにはオーガニックのレストランやカフェがたくさんある。

芸能人が押し寄せる商業主義的なオアフ島にはあまり憧れないけど・・・

ハワイ島は、一部の開発された高級リゾートを除けば、ところどころ

「土佐清水(※高知県西端)そっくり」

と思うほど、素朴で自然豊かなエリアばかりだし、島全体がオーガニックな感じだし、人はおおらかで優しいし、老後は移住なんて素敵だよな~と思っていたのは事実です。

でも、10日間ハワイ島に滞在して、その考えはすっぱりなくなりました。

ハワイに移住したくない理由

物価が高い

なんたって「島」だし、物価は高くて当たり前。

しかし、その高さはわたしの想像の斜め上をはるかに超えていきました。

たとえば「ポケ」と呼ばれる、ハワイ定番の「漬け丼(マグロの漬けと玄米)」。

紙の素朴な箱に入って、これで10ドル(約1000円)。

 

ふつうのハンバーグ。イスがプラスチックな店でも、15ドル(1500円)。

ふつうのピザ。店員がろくにしゃべらなくても16ドル(1600円)。

ちなみに、ハワイ島のご飯は、全般的に言ってかなり美味しかったのです。

がしかし、どうも値段と釣り合わない。

なぜなら、これらの値段に、さらに最低でも15%のチップがかかるから・・・!!

たとえば16ドルのピザは、

  • チップ 15% で 2.5ドル
  • 税金 4% で 64セント

つまり、なんだかんだでピザ1枚が2000円くらいしてしまう。

すべて外食だと、2人で少なくとも3000~4000円くらい、昼も夜もかかるわけで

日本なら、1000円のランチはむしろ贅沢なほう。800円とかでしっかりした定食、しかもサービス料なしで笑顔のお店がたくさんある。

日本、安すぎる気がしてきたよ・・・

昔なら日本の物価が高くて、海外に行くと安くて嬉しい~という感覚だったのですが、最近、日本より物価が高い国が増えた気がしてなりません。

日本での貯えや年金を持ってハワイに行っても、釣り合わないんですよね。

医療費が高い

ハワイ島在住のかたとお話しして知ったのですが、本当にハワイの(というかアメリカの)医療費は高いそうで

「治療のために家を売った」

なんて話は、ごくフツーらしい。

怖くないですか?

うちの親(70代)を見ていると、夫婦ふたりで「今日は病院行ってくる~」ってレジャーみたいな顔をして出かけて行きますが、アメリカではありえない。

その分、病院は混まなくていいらしいんだけど・・・

日本の国民健康保険料が高くて悶絶していたのですが、上限まで払っても、アメリカに比べたら半分以下らしいので、それでもう許す。

ついでに言うと、ハワイ島の医療設備はちょっと遅れていて、重い病気やケガだとヘリでオアフに連れていかれるらしい。

日本からハワイへ移住しても、病院によくかかる年齢になると日本に戻る、という人も多いの、納得しかない・・・

Amazonがちゃんと来ない

三度の飯よりAmazonが好きなのに?!

[kanren postid=”7249″]

「ハワイ・アラスカは配送対象外」っていうものが多いらしいです。

配送されたとしても、予定通りには来ないとか。

これはAmazonよりも配送会社の問題かもしれません。日本の宅配便、スバラシすぎ~!

ちなみにAmazonプライムの会費は日本が年間3,900円なのに対し、本家アメリカはなぜか10,000円超え。

たぶん、アメリカでは「定時の配送」が困難でコストが高いところに起因しているのではないでしょうか。

まとめ

とはいっても、そういう細かいことを跳ね飛ばすくらい、ハワイ島は独特の素晴らしい魅力があるのです。

知れてよかった!

ただ一方で、日本の良さも改めて実感してしまいました。

それもよかった!

少し離れてみないと、見えないこともある。

自分にとって心地良い場所が増えるというのは幸せなことです。