海外旅行

今さらながらのニューヨーク ③ ニュージャージーからニューヨークへ無料でわたる方法を公開(ニッチ過ぎる情報)

ニューヨーク滞在中は、このメトロカードで移動していました!

電車とバスなどが乗り放題、7日間で34ドルです。

電車やバスが1回2ドル以上なので、たぶん元はとれます。
なによりイチイチ切符を買ったりチャージしなくて良い!

ところが、ニューヨークにいるあいだ、宿は隣のニュージャージーだったんですね。

今さらながらのニューヨーク ② 実は対岸のニュージャージーに滞在していたことをカミングアウト。日本人民宿をチラっと紹介今回、ニューヨークには6泊していました いやごめんなさい、ニュージャージーに6泊しました (ニュージャージーのフォートリーという町)...

こんな感じでマンハッタンまで行きます。

民宿

↓(徒歩3分)

バス停(ジョージワシントン橋・フォートリー)

(バスで5分、1.85ドル)

メトロAライン 175st Fort Washington Ave 駅

↓(約20分 メトロカード利用)

59st Columbus Circle, 8 Ave駅 

しかし、この赤字のところ、ジョージワシントン橋を渡るバスは、残念ながらメトロカードの範囲外。

なぜならここを通るバスは「ニュージャージートランジット」という、NYメトロとは違う組織が運営しているからなのです。

もちろん普通におカネ(1.85ドル)を払ってバスに乗ればいいわけですが、ここに裏ワザがあります。

 

まず前提として、ニューヨークとニュージャージーを結ぶ「ジョージ・ワシントン橋」、ここは世界一忙しい自動車橋として知られているんですが、ここの自動車通行料がスーパー高い。
その金額、ニュージャージーから
NYに渡るだけで$15!

しかし、3 人以上乗ったクルマが、有人ゲートを通ると、15ドル→6.5ドルまで割引になるそう。

さてここで問題です

  • クルマがなくて、バスで橋を渡ろうとする人が2人います
  • 1人でクルマに乗って、橋を渡ろうとする人がいます

合計の料金はいくらでしょう?

回答はふたつあって

回答1)
それぞれが料金を払い、バス代(1.85ドルx2)と通行料(15ドル)で、18.7ドル

回答2)
3人がクルマに同乗して、全部で6.5ドル

 

あれ??

じゃ、同乗すればいいよね、という話なんですが、問題は、この3人が赤の他人だということ。

賢い人は考えるわけです。

「バス停で、ヒッチハイクしよう」
「バス停で、誰か拾っていこう」

→ 利害一致!

来たクルマに、適当に乗ります。

 

ドライバーがひとりなら、私たち夫婦のように2人組が乗れば、それで【3人乗車】が出来上がり。

このフリーライドシステム、通勤時間帯などは、バス停に乗用車の列ができるほどの盛況でした。

もう、お互いの目的と利益が一致しているので、車内では特に会話の必要はありません。

知らない人のクルマに乗るなんて、危険すぎない?という話もあるとは思います。

が、昼間というか朝ということもあり、実際には危ない雰囲気はまったくありませんでした
(この辺りは自己責任ですが、女性ひとりでもガンガン乗っていっていました)

ゲートでは、ドライバーは窓を開けて係員に「ほら、3人乗ってるよ」と見せて通過。

そして、ドライバーは175stの駅付近でおろしてくれます    

この場合、乗るほうにはまったくおカネは請求されません

  • ドライバーは15ドルが6.5ドルになるので、8.5ドルのトク
  • 乗客はバス代がフリーになるので一人当たり1.85ドルのトク
  • ジョージワシントン橋は通行「料」は減るものの、本来の目的である通行「量」を減らせる

というわけで、見事に「三方よし」。
バス代を取りはぐれたニュージャージートランジット(バス会社)だけ、ソンしてるけど・・・

ちなみに、NYからニュージャージーに帰るほうは、このフリーライドシステムはありません。

なぜなら、NYから出るときには自動車通行料かからないから!

NYからNJに帰るときは、このニュージャージートランジットのバス(1.85ドル)におとなしく乗ります。

ちなみに、このバスターミナルにこれより小さめの、「通称、スパニッシュバス」も来ます。

名前のとおり、スパニッシュ系の人が運営しているミニバスで、これもフォートリーまで行ってくれます。

料金が3ドルと高い上に、バスの中(言語、空気)が完全に中南米でちょっとビビるのですが、ニュージャージートランジットのバスより頻繁に来るので、時に便利に使えます。

2回ほど乗りましたが、ビビりはするものの、別に危なくはありませんでした。

 

ニュージャージーに滞在することがあれば、裏ワザ使ってみてくださいね。
(ただし安全はしっかり確認してください!)