ブログ運営

ブログタイトルを変更しました ~ コスタリカとOPEN EYES

しばらくアメリカの話題が続きましたが(これからも続く)

閑話休題。

ブログタイトルを変更しました。

***************

タイトル変更の背景については、ちょっと長い説明になります。

 

昨日

「コスタリカに学ぼう」

というテーマの集まりがありました。

コスタリカは、中米の小国(人口約500万人)。

軍隊を持たない非武装永世中立国として知られています。

かつ四国と九州を合わせた程度の大きさに、地球上の全動植物種の約5%が生息し、単位面積当たりの生物多様性が世界一とされている国です。

さらに、そして、国土の約25%が自然保護区または国立公園となっていて、国が保護しているという稀有な地域。

いまや、

 

エコツーリズムはコスタリカの代名詞

でもそんなコスタリカも、実ははじめから自然保護に熱心だったわけでもなく、バサバサ森林を破壊していた過去があります。

今でも「自然保護より、経済優先!リゾート開発賛成!」という人も多々あり、保護派と対立する側面もあるといいます。

昨日の会は、そんなコスタリカの真実を描き、自然を守ろうと格闘する人々を描いたドキュメンタリー映画「最後の楽園コスタリカ ~オサ半島の守り人~」を見た後に、愛媛県に住むコスタリカからの移住者、ファビオさんと、アメリカからの移住者、ベンジャミンさんなどを交えててトークする、というものでした。

特にこの映画の舞台になっている「オサ半島」では、環境や生物に極力配慮しながら、観光を重要な収入源としています。

それまでは森を無計画に伐採したり、牧草地に変えたり、希少な動物までを害獣として駆除してしまっていた地元の人々も、外国人がコスタリカの自然を求めてやってきて、おカネを喜んで落としていく状況を見て、「自然や動物が重要な資源」だと気づいていきます

さて、ここからやっとブログタイトルの話になります。

この会の流れで、頻出したのが、OPEN EYESという言葉。

つまり「〇〇のおかげで開眼した」「〇〇が彼らを開眼させた」というようなキーワードです。

つまり、コスタリカの自然の重要性への気づきは、当初外国人観光客によってもたらされた(OPEN EYESされた)ものでした。

 

ふと、自分に置き換えて考えてみると、確かに、四万十でも地元に長くいる人ほど、その自然の価値を低く見積もる傾向があります。

わたしたちのような移住者のほうが、「ソーラー反対!」「川の美しさは山から」などの話に熱心だったりするものです。そしてそれを見て、地元の人が「あれ?そうなの?」となったりするのはよくある構図。

しかしどちらかといえば、外から来たわたしたちのほうが、この地で日々「OPEN EYES」することのほうが、いまだにやはり多いのです。

しからば、OPEN EYESは相互作用であるなぁと感じ入りました。

 

人が移動し、行動し、発言することで、どちらかだけではなく、互いに「OPEN EYES」されてゆく。

 

OPENは、自動詞でもあり、他動詞でもあるから。

 

コスタリカも四万十も、どこでも同じ。

 

「昨日より今日、OPEN EYESすること」は、日々わたしたちが模索している生活や人生そのものかも。

 

そのためには、他者を受け入れなければならないし、自分も他者に入っていかなければならない。

 

そんなちょっとした気づきを忘れないためにブログタイトルに収めました。

移住4年目のわたしたちは、ちょっと中途半端な立場にあるような気もします。
完全な新参者でもないけれど、まだ地元民とも到底言えない。

 

移住したばかりのころ、地元のある人にこう言われました。

「あなたがたも3年もしたら、今の新鮮な移住者の気持ちを忘れてしまうと思うけど、よそ者の目というのは大事だから、なるべくなくさないようにしてほしい」

と。今、その意味がよくわかるような気がします。

移住者と地元民、どちらのEYESも持っておきたいと思うのです。

今後ともよろしくお願いいたします。

ななみ