国内旅行

神戸~四万十へ直行!しまんとブルーライナー(夜行バス)に乗った記録

先日訪れた神戸。

オットがクルマに乗ってそのまま別の目的地に行ったため、わたしひとりで帰らねばならなくなりました。

神戸から四万十市(中村)までは、電車(一部、汽車?)という選択肢もあるとは思うのですが、調べてみると

見つからないそうです

んなわけないんだけど、それだけ電車だと複雑ってことたぶん

むしろ、直行で神戸(三宮)から中村まで行ってくれるしまんとブルーライナーというバスが、乗り換えもなく超便利です。

しまんとブルーライナーは、京都~宿毛までを走る長距離バスなので、神戸から途中乗車し、四万十市(中村)で途中下車するというわけ。

神戸の出発は23:49、中村着は6:55。

片道8,900円と安くはないですが、宿泊を兼ねて、かつ寝ている間に移動できると思えば、かなりコストと時間を節約できます。まぁ良いのかもしれません。

GWも近いこともあって、わたしがチケットを取ったときには残席2というぎりぎりの状況でした。便数は少ないので、早めの予約がおススメです。

 

さて当日。
神戸で20時ごろ夕食を取ってから気づいたのですが、

ななみん
ななみん
23:49までどこにいるんだろう私

神戸のバスの出発場所はミント神戸という駅ビルのようなところで、飲食店なんかはたくさんあるのですが、遅くても22時まで。

唯一、スターバックスのみ23時まで開いています。

もちろん外に出て飲み屋などを探せばいくらでもありますが、いきなり神戸でひとり飲むほどやさぐれた気分でもなく、スタバ一択です。

・・・というわけで、夕食を取ったあとの21時から23時まで、静かにスタバっていました。

とはいえスタバだってふだんは行けない場所ですから、これ自体がもうひとつのイベントです

田舎にいると、幸せのハードルが下がりますね。

なかなかゆったりした広いスタバで、さすがにこの時間になると空いてもいるので、快適でした。

レシートを整理したり日記を書いたりで、2時間あっというま。

最後はミント神戸のバス待合室(殺風景です)でおとなしく30分ほど待っていると、定刻通りにバスがやってきます。

黄色で可愛らしい。

スキーのツアーバスで夜行バスに乗ったことがありますが、純粋な移動のための夜行バスというと、実はこれが初めての体験なのでした。

座席は、独立した3列になっています。つまり隣の人と接していません。

両側はカーテンで仕切られるので、プライベートスペースは保てますが・・・

なんというか微妙な空間

護送車ぽい?


確かに隣の人と接することがないのはとてもいいのですが、これ、閉所恐怖症の人とかツラいのでは。

途中、淡路のSAと、四万十町のあぐり窪川で休憩します。   

ちなみにバスにもトイレはついていますので、いざというときには安心ですね。

 

さて、座席はふつうの観光バス的なバスのシートなので、そこそこ快適です。

前後もわりとスペースがあるのでかなり背もたれを倒しても平気。

なのでぐっすり寝られる・・・

かと思いきや。

ありがちなことですが、バスの中でひとり盛大に音量を上げている方がいて、

こっちは寝られない!

あーそうだ、飛行機と同じなんだった!
と、そこで気づきました。

すっかり油断してましたね。
夜行バスに乗るときは、耳栓か、ノイズキャンセリングイヤホンが必須!

ちなみになんとなくですが車内は乾燥している感じもあるので、ペットボトルも持っていたほうがいいかも。

というわけで睡眠不足でフラ~っとした感じで中村に到着。
時間はほぼ予定通りでした。

とちょっと文句はありつつも、総合的に言えば満足でした。
ちなみに女性客もかなり多いので、女性1人であっても全然大丈夫です。

クルマ以外で四万十界隈から関西へ行き来するならば、おすすめの交通手段です!