買い物

水筒愛~ステンレスボトルのおすすめは<タイガー>です

こんにちは、ななみんです。

もう、人生の相棒レベルに好きなのが、ステンレスボトル。
つまり、『魔法瓶効果のある水筒』ですね。

ステンレスボトルで飲み物を持ち歩くのは、都会にいたころからの習慣でした。
もちろん、エコだったり、節約だったり、そういう目的もあります。

でも一番は、

冷たいものは冷たく
熱いものは熱く
飲みたい!!

っていうのが一番大きな理由。
ペットボトルって、すぐぬるくなるし、ゴミは出るし、あまりいいとこない。

ステンレスボトルの差がわかりにくい

ステンレスボトルのメインのブランドと言えば、サーモス・象印・タイガー

買う前にビックカメラに入り浸ってめっちゃ比較検討したのですが、本当にどこも甲乙つけがたい・・・

ステンレスボトルの世界って、もう行きつくところまで行ってるんだなぁというのが、そのときの感想。

まぁ、シンプルな商品ですしね・・・

細かすぎて伝わらないステンレスボトルの差

それでも最終的には、重箱の隅をつつくように、差を見つけて決めました。

1.キャップの開閉

当時は都会にいたので、「駅の中」とか「電車の車内」「図書館のロビー」など、目立たずに飲みたい、というシチュエーションが結構多かった。

なので、キャップを開けるのにモタモタしてられないので、ここは熱心に検討しました。

まずサーモスは、キャップの開閉がちょっと面倒。
ワンタッチと言いながら、2アクション必要です。

一方、象印さんは、ロックボタンがあってオープンという作りで、特に文句のつけようがないんですが・・・

そもそも、ちょっとデザインがもっさりしている感じがあるんですよね・・・
(もちろん、お好みなのでお好きな人もいると思う)

そして、実際に触って一番スムーズだったのが、タイガーでした。
ほんとうに片手で操作できます。

さらに超ビミョーな場所なんですけど、ロックが開いていると、「ちょこっと」色が見えるところがなんかかわいい。

もうマニアの域・・・

2.重さ

持ち歩くものなので、そりゃ軽いほうがいいな~と思います。

ちなみに600ccタイプで比較したら、

  • タイガー 230グラム
  • 象印 235グラム
  • サーモス 240グラム

ぎりぎりまで体脂肪率を落としているアスリートを思わせるこの僅差。

ただ、実際持って較べてみたら、タイガーがとても軽く感じます。
体感ではこのグラム数以上の差を感じますね、なぜか。

なにかバランスとかそういうのもあるのかな?

わたしの愛用品:タイガー 夢重力シリーズ

というわけで、わたしの愛用ブランドはタイガーです。

機能(保温力)、洗いやすさ、シンプルなデザイン、手ごろな価格。
日本の技術ってスゴイ!ってこういうとき思うんですよね。

あまりに気に入ったので、サイズ&色違いでも購入しました。

 

600mlがしゅっとした背の高いお兄ちゃん、350mlがちょっと太めのおとうと。

ただ、最新のものはちょっとお色展開が変わっているようです。
サイトでチェックしてみてくださいね。
わたしは、前の方が良かったなぁ・・・

 

タイガー 夢重力シリーズ ステンレスボトルの良いところ

このシリーズ、買ってよかったです。
良いポイントはたくさんありますが、

  • 色がシックでオシャレ
  • スマートなデザイン
  • 性別を問わず持てる
  • サイズ展開が多い
  • 夫婦で共用できる
  • 保温力・保冷力が高い(だいたい6時間OK)
  • 夏も冬も使える
  • 重量が軽い(僅差だけど)
  • 丈夫(5年使って劣化なし)
  • 値段が手ごろ

と言ったところ。

ステンレスボトルは「保温効果」に目がいきがちですが、実は保冷効果が見逃せない。
いまや日本全国どこも猛暑。常にキンキンの冷たいものが飲めるっていうの、すごく幸せなんですよね。

コスパ的に言うと、「1年中使える」っていうのが結構大きいです。

5年使ってるんですが、デメリットが見当たらないのもすごい。

我が家的ステンレスボトルの使い方

1.寒い山での仕事用

今のシーズン(秋~冬)は、なんといっても、山へ仕事へ行くオットの水源。命綱。

寒い冬を乗り切るために、しっかり熱い飲み物を入れていきます。

2.長距離ドライブ

クルマでの移動でも、いちいちペットボトルを買いたくないので、ステンレスボトルは必需品。

ときには、

  • 大きいほうに温かいお茶
  • 小さいほうにコーヒー

とか入れ分けて、2つ持って行ったりしています。これ便利!

イメージ!

3.電車での移動

たまに帰省したりして、都会での移動になると、これまた必需品。

オットが大きいほうでわたしが小さいほう、とか、長時間外出するときは大きいほう、とか。

サイズ違いでふたつあると、使い分けがほんとうにいろいろできて便利。

4.海外旅行で使う

これも大事です。

海外に行くと、日本ほどコンビニがない国がたくさんあるし、自動販売機なんてもってのほか。そもそもペットボトル飲料の調達すら、面倒だったりします。

ここでもやっぱり、ステンレスボトルを用意しておいて、ホテルなどで給水して出ると便利です。
しかも熱いまま・冷たいまま、持って歩けるし。

ちなみに、液体を入れたまま飛行機機内には持ち込めないので、カラで持っていきます!

5.家で使う

これ盲点なんですけど、家で使うというハック。
一度お茶を入れて、あとはずっとボトルから飲みます。

手間が減るし、温度も保てて一石二鳥!

ただ、これをやるのは、仕事に集中したいときですね。

ゆっくりお茶を飲みたいリラックスタイムには、ちょっとムード下がるかも(笑)

 

他にもオモシロい使いかたがあったら、聞いてみたいです!

結局最後は「しっくりくるやつ」にしよう

というわけで、全面的にステンレスボトル推しのわたし。

マイボトルの習慣はだいぶ広まりつつありますが、ぜひもっと浸透してほしいです。

ブランドでいえば、タイガー推しのわたしですが、差異は本当にビミョーなので、象印でもサーモスでも後悔はないと思います

実際、うちにはここには挙げていない象印、サーモスブランドの商品もあるのですが、機能としてはどのブランドも二重マル!

ただ、わたしは「タイガーが見た目も、持った感じも、しっくり来た」んですよね。

手に取ってみて、一番しっくりくるのを選ぶのが一番だと思います。
売り場でぜひ選んでみてくださいね。