地方移住

年末年始、高知→東京の帰省にかかる費用

こんにちは、ななみです。

わたしたち夫婦は2人とも東京出身で、どちらの実家も現在東京(付近)にあります。

移住後は四万十市で年越ししていたのですが、今年はわけあって、東京で年越しすることになりました。

「帰省」がよくわからない

留学期間を除いては、ずっと東京の実家か、そこから近いところに住んでいたので、わたしにはそもそも「帰省」という概念があまりありませんでした。

帰省に関して印象的だったのは、四国出身で東京在住の友人が、いつも

年末年始の帰省の航空券は、半年前から取らないと、超高いチケットになる

と言っていたこと。

なんか、「年越しの帰省は恐ろしい」というイメージだけ、ありました(笑)

年末年始、帰省の航空券の予約

しかし、今回の帰省を決めたのは、1年前どころか1か月前。

やばいなーっと思いつつ、航空券を検索。

国内の航空券の価格比較を一括で比較するのには、さくらトラベル スカイシー などのサイトが便利です。(写真はさくらトラベル)

いちいち、JALANAジェットスターなどの各公式サイトへ行って検索するのは面倒なので、こうした国内線一括比較サイトはかなりおすすめ。

それで選んで予約した結果がこちら。

  • 12/31 往路(JAL) 高知→羽田 13,790円(1名)
  • 01/04 復路(ANA)羽田→高知 12,890円(1名)

2名の往復費用合計:53,360円

\あっさり予約完了/
(席は余裕あり)

価格にしても、平時とそれほど変わりません。

最安値はジェットスターで片道6,000円くらいと激安なんですが、羽田ではなく成田に着いてしまうので、実家までの移動費用も時間もかなりかかる。
総合的に考えてメリットが少ないので今回はやめました。

逆方向に帰省する人は少ない

なんとなく拍子抜け・・・

それでやっと気づいたのですが、要するに、都会から田舎に帰省する人は多いけど、田舎から都会に帰省する人がものすごく少ないんですね。

人と逆を行くのは、けっこう得です。

都会から田舎に移住するメリットのひとつ・・・かな?(笑)

年末年始の帰省費用まとめ

ざっくりと帰省費用をまとめてみます。

  • 航空券 53,360円(2名)
  • 羽田から実家までの往復 約4,000円(2名)
  • 実家同士の往復 約4,000円(2名)
  • 高速代(四万十→高知) 約2,500円(往復)
  • ガソリン代(四万十→高知) 約2,000円(往復)
  • 高知空港周辺の駐車場代(5日間) 3,000円
  • 宿泊費 0円(実家滞在)

合計 約65,000円

夫婦ふたりで逆方向の帰省でも、最低これだけかかるのですから、ファミリーで、都会から田舎に帰省したらほんとに大変だなあと。

年末年始になると、「帰省ブルー」になる話が増えるの、わかる気がします。

いざ帰省する身になって気づいたのですが、夫婦ふたりの実家同士が近いというのは、かなり効率的にありがたいんですね。

まとめ

年末年始の帰省というのはあまり重視してこなかったのですが、いざとなると、ちょっと嬉しくなります。
親と過ごすお正月もいつまでもあるわけではありませんし、機会を大切にしたいと思います。

みなさまもよいお年をお迎えください。