愛用品

40代夫婦がWORKMAN Plus(ワークマンプラス)で盛り上がってきた話

明けましておめでとうございます~!

この年末年始、前の記事の通り、珍しく帰省していました。

ずっと行きたくて、今回オットを引っ張り出して行ったのが、遅ればせながらワークマン

2019年ヒット商品ベスト1のワークマン

作業着や安全靴のお店のワークマンのウェアを街やアウトドアでふつうに着こなすことが、2019年は最大に盛り上がった年でしたね。

若い人でも手の届きやすい価格帯でお洒落とあって、本当によくテレビで見ました。

中でも、注目だったのがWORKMAN Plusワークマンプラスという形態のお店。

ワークマンの商品の中で、一般の人でもアウトドアや街で着られる、お洒落な服や雑貨だけを選んで売っている別形態の店舗です。

ただし、「ワークマンプラス」にあるものは、基本的にふつうの「ワークマン」にあります。
「ワークマン」からお洒落なものだけピックアップして、お洒落にディスプレイしてるのが「ワークマンプラス」、と考えてくださいね。

店舗に行けないときは、ワークマンオンラインショップ も便利。

”ワークマンファッション”に関する本まで出ちゃうくらい・・・

ワークマンプラスは、高知には未上陸。四国全体でも、2店舗しかないのでなかなか行かれないんですよね~

高知高松店が、1/16(木)からワークマンプラスとしてリニューアルオープンすることが判明!

キラキラ(?)しているワークマン女子

インスタグラムの「ワークマンプラス」の公式アカウントでも、日々可愛いワークマン女子が登場してます。これ見るの、なんか好き。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⠀ 【商品紹介】⠀ インナー、アウターの両方で使える便利な裏アルミミドルインナーのご紹介😊⠀ 裏地がアルミプリントなので軽くて暖かい✨⠀ この暖かさの秘密はアルミプリントが体温を反射させているからなんです😉⠀ この機能性でこの価格はワークマンならでは😉⠀ 収納袋が付いているので、コートの下に着るのもおススメです😉⠀ ⠀ ※紹介商品は店舗により在庫状況が異なります。⠀ ⠀ 着用商品:⠀ #裏アルミミドルインナー/カモフラ/メンズM⠀ ¥2,500(税込)⠀ 商品コード: 36518⠀ モデル身長:168cm

WORKMAN/ワークマンプラス【公式】(@workman_plus)がシェアした投稿 –

まぁ若い女子ばかりが取り上げられているのはスルーして・・・(当たり前か)

森でも街でも違和感なく使えそうなので、上京したらワークマンプラスに行きたいなぁと思っていました。

ワークマンプラスのお店の印象

やってきたのは、立川店です。

ワークマンプラスの印象は、ずばり「(mont-bell(モンベル)+ユニクロ)÷2」でした。

価格は、雑に言うと、mont-bell(モンベル)の半額で、ユニクロと同じくらいの印象。

確かに機能性は高そう。
デザインは、抜群に良いとまで言わないものの、シンプルで悪くないと感じました。

コストパフォーマンスにうるさいわたしも、これはいいなぁと思うものがいろいろ。

ちなみに、ふつうのワークマンとワークマンプラスの違いは「商品の品揃え」と「店内ディスプレイ」。

商品数自体はワークマン本体のほうが多いですが、安全靴とか軍手(10組)とか、都会の人にはあまり必要ないですよね。

一般の人が欲しくなるような、特にファッショナブルなものだけを集めたのがワークマンプラスなので、お買い物も効率的です。

はじめて手元で商品を見て、感心するところが多々ありました。

お客さんの買う気がすごい

しかし商品よりもっとすごいと思ったのは、お客さんの「買う気」。

バブル経済とオイルショックが一緒に来ているような、よくわからない「消費」へのハイテンションが店内に満ちていました。

「買おうか、買うまいか」、ではなく、「どれを買うか」「あれを探してる」という超超前のめりな空気。

え、デフレとか老後2000万問題とか、どこの話。
セールでもないのに、レジはかなりの行列です。

モノ消費からコト消費へ、とか、プライスレスな体験、とかいうけど、やっぱり人は「モノ」が好きで、「プライス重要」じゃん!!!と思った次第です。

わたしたちが買ったもの 

周囲の熱気にあおられ?わたしも、インスタグラムで見ていた品を早々にゲット。

それは「防寒トレッドモック」なるもの。
とても柔らかくて履きやすく、温かい!!
さらにかかとを踏んでも歩けると、なかなか便利そうなうえに可愛い。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

⠀ 【商品紹介】⠀ ⠀ 防寒・撥水シューズのご紹介😊⠀ こちらの防寒トレッドモックは中わた入りで真冬でも暖かく快適です✨⠀ 10mmの肉厚インソールでクッション性が高く履き心地がいいと大好評👍⠀ かかとが踏める仕様なので脱ぎ履きがしやすく、スリッパのようにも使えちゃいます❤️⠀ 持ち運びに便利な収納袋付きで、アウトドア、釣り、スポーツとマルチに活躍する一足です😊⠀ ⠀ ※紹介商品は店舗により在庫状況が異なります。⠀ ※ブルーとレッドは10月27日発売予定・数量限定カラーです。⠀ ⠀ 着用商品:#防寒トレッドモック⠀ ¥1,500(税込)⠀ 商品コード:56361

WORKMAN/ワークマンプラス【公式】(@workman_plus)がシェアした投稿 –

価格は1,500円でした。
ちょい歩きや、クルマの運転に便利そうです。

ウェアも気になったんですが、今すぐ必要そうなものがなかったので、今回はやめておきました。でも見てるだけでも、けっこう楽しかったですね~

一方、林業をやっているオットは、もっとガチで作業のためのウェアや手袋などを真剣に吟味!!お、おう

結果、両手いっぱいに抱えて「爆買いだ~」と言いながら帰りました。
ふだんは、もうあまり買い物をしなくなったので、これはこれでなかなかいい盛り上がり。
それでも1万円ちょっとと、日本の物価の安さに感心です。

ケベックのシャンブレーSサイズがある場所

「ケベックのシャンブレーSサイズ」ってなんのことかわからないかもしれませんが、これなんです。モデルさんの足元に注目

ケベック、という名前の防寒ブーツ。グレーっぽい色がシャンブレー。

しかし、これのSサイズ(23cmくらい)は、多くの女子にストライクらしく、インスタ上でも「サイズがない😢」との声が多数でした。

立川店にもやっぱりなくって、ざんねーん、と思ってあきらめて帰ってきたのですが・・・

東京から飛行機で高知に降り立ち、ちょっとだけ「高知市のふつーのワークマン(殺風景なところ)」へ寄ってみると・・・

なんか無造作にケベックシャンブレーのSサイズがたくさん置いてありました(笑)

というわけで、なんだか肩透かしを食らいながらも、無事にこれもゲット。

地方は競争率が低い

と、改めて感じた次第です。

ワークマンで欲しいものが売り切れていたら、ぜひ高知県へ

・・・というのは冗談ですが、なるべく地方へ行くと、見つかる可能性大だと思いました。

結論 

ワークマンの品物はとても良いと思いましたが、もっと良いのは「マーケティング」「売り方」ですね。

同じ品物でも、路面店の暗い(失礼)ワークマンにあるのと、明るいショッピングモールにあるワークマンプラスにあるときとでは、輝きがまったく違って見えました。

逆に言うと、どんなにいいものでも、見せ方が悪いと売れないんだよね。ということを再認識したのでした。

使い勝手や耐久性など、これから使ってみて楽しみにしているところです💛