地方移住

移住の失敗が怖い人へ → 移住の辞書に失敗という文字はそもそもない

こんにちは、ななみです。

移住生活も4年目になり、だんだんと友人・知人も増えています。

やはり「Iターン移住者」の仲間が多いのですが、

ここ最近、立て続けに彼ら(彼女ら)から「高知を離れます」というお知らせが来ています。

Iターン移住者が高知を離れる理由

Iターンで高知にやってきた仲間の、次の行き先は、岐阜県、三重県、北海道、長崎県など様々。

行き先も様々なら、理由も様々で

  • 仕事が合わない
  • 理想の土地や家が見つからない
  • 周辺の住人と合わない
  • そもそも高知が合わない
  • 高齢の親の近くに住まなければならない

などなど。

移住前の不安のどれかが、だいたい的中している感じです。

・・・と、ここまでの話は、色んなメディアでも取り上げられているようなこと。
「移住の挫折」とか「田舎の真実」とか、いろいろホラー話みたいに書かれていますよね。

なので、こう聞くと、これから移住しようとしている人(特にIターン)は、

あ~やっぱり、移住って難しいんだな。やめようかな

と思うかもしれません。

ただ、ちょっと待ってください。

ここからは、移住してからでないと気づかない話を書きます

移住して初めて気づく「Iターン移住者の本質」

自分自身が移住者であってもなお、移住してずいぶん経って、初めて気づけたことがあります。

それは

  1. 世間が言う「移住の失敗」という概念は、”移住者はみな定住したがっている”という前提で成り立っている
  2. 移住者というのは、そもそも「移り住む」ことに抵抗がないから移住者である
  3. <定住>に執着していない移住者は多い

この3点です。

特に②と③は移住者の本質みたいなものなのですが、移住者自身もわざわざ自覚していないので、みんな忘れがちです。

Iターン移住者のイメージと本質との乖離

一般的にIターン移住のイメージは、

「”北の国から”みたいな生活がしたい」

みたいな、ある土地への憧憬や、そこでの定住を熱望する気持ちの上にあるように思われがちです。

それもひとつの事実なのですが、Iターン移住者の全体像ではありません

それに、たとえそんな「ある場所に熱く憧れる人」であっても、根底にはどこか上記に挙げた②や③にあたる、「ノマド」というか、「漂流体質」みたいなものがあったりします。

そしてそこが、本人の幸せの源流だったりします。

わたしの友人・知人にしても、高知を離れると決めるまでにいろいろ大変なことはあったにせよ、新天地にまた希望を抱いて楽しそうにしていて、そこに悲壮感はないんですよね。

寂しがっているのは、残されるほうだけ・・・

ただ、定住に執着はしないとはいっても、定住を否定はしません。
結果論として定住になれば、良いことには違いないですよね。

まとめ 「移住の辞書に失敗という文字はない」と思う理由

ここまでの話、まとめると

定住に執着しない以上、移住に最終形はなく、つまり失敗という概念もない

ということになります。

「移住の失敗」は、極端にいえば、マスコミや世間によって”こうであったら面白い”と、作られている部分が少なからずあると思います。田舎のトラブルは特にそう。

表層に現れた事象(住む場所を変える)に注目しすぎると、移住という選択をした人間が本質的に何を求めているのか、わかりにくくなります。

移住の失敗は怖いな~と思って一歩を踏み出せない人に、ひとつの考え方を提示できればと思って書きました。

世間から失敗と思われたくない、と思うなら、何もしないのが正解です。

さて、とはいえ仲間が遠くに行くのは一抹の寂しさはあるのですが、ステージを上がっていこうとする彼ら・彼女らを応援しつつ、全国に知り合いが増えることを喜びたいと思っています。