カフェ日記

カフェ経営における「サイフ」と「ココロ」のバランス

こんにちは、ななみんです。

本日(2018年1月20日)、四万十市はとても良いお天気です。

意外なようですが、晴れている日はカフェのお客さまが少ないことが多い。

晴れていたらみんなアウトドアレジャーやイベントに出かけたり、農作業をしたり、とやることが多いせいかなと勝手に推測しています。

 

先週はものすごい寒さで天気もあまり良くなかったのですが、

ありえないほどの混雑

をしていました。

お客が途切れることなく、逆にこちらの意識が途切れそうな・・・

お客さまが多いのはもちろんとても嬉しいのですが、十分くつろいでもらえないような気がして心配・・・

こちらもただ必死になってしまって、あまり満足できる応対もできていなかったように思うんですよね。反省。

 

さて、ひるがえって、とっても良い天気の今日は、開店から1時間経っても誰も来ない・・・

ケーキが待ってるのになぁ。

すぐ近くの農園から分けて頂いたゆずを使ったマーマレードをかけたレアチーズケーキ。

さて、しかたないので、自分たちでコーヒーを飲むことにしよか。

今週から入れた、ニカラグア エル・ススピロ

ススピロとは、スペイン語で「ため息」のこと。

ホッ・・・

いやほんとにため息が出るような味わいです。クリアでフルーティー。強すぎない酸味が美味しい。

誰もいない店内で、ぜいたくな時間。

木漏れ日。

 

あ、ようやくお客さん!

・・・ん?

※ 人間の連れがいましたよ(当たり前か)

うちはドッグカフェではないので、ワンちゃんはお外。ごめんね~!!

 

そのあとまたお客さまが途絶えたので、自分で買ってきた花を眺める

大好きなガーベラ。もう春の色合いですね。

 

さらにそのあとも、お客さまはポツポツと。

ある優しそうなご年配のご婦人は、おひとりでココアとスイーツを愉しまれていきました。

お店に置いてある「つるとはな」を読んでくださっていたのが嬉しい。

ときどき、こうして「ひとりだけの時間」を過ごしてくださる方がいて、なんだか嬉しいです。

自分がそういう過ごし方(カフェでひとり本を読む)のが好きなので。

先週はおひとりさまがゆっくり読書できる環境ではありませんでした・・・

おひとりさまは、圧倒的に女性が多いですね。

奥さんでもお母さんでもない、会社員でもない、たったひとりの匿名の自分になるっていうのは本当に大事な時間だと感じます。

 

ふと見ると、少し離れた席では、若い女性の3人組が時間も忘れて尽きないおしゃべり。

これまた店が適度に空いているから気兼ねなく過ごして頂けているのだと思う。

 

つくづく思うのですが、個人店はやはりあまり混雑しすぎていないほうがいい。

 

カフェ経営(サイフ)から言えば今日の業績は落第なんですが、わたしの気持ち(ココロ)としては、今日は本当に満足でした。

このあたりのバランスの取り方が、たぶん個人店の面白くもあり、大変でもあるところかな。

お店を閉めてしばらくすると、マジックアワー。

閉店時間を遅くしようかな・・・

ご来店ありがとうございました。