珈琲&スイーツ

【高知情報】高知市の人気カフェ2軒をハシゴしてきた話<カワクボコーヒー・テルツォテンポ>

こんにちは、ななみです。

たまに出かける高知市は、今の我々にとっては大都会・・・!!

高知市には良いカフェが隠れているので、ほんと愉しみが尽きません。
(まぁ高知市まで2時間かかるので、めったに行けませんが・・・)

はっと目を惹くお洒落感。カワクボコーヒー

この日の1軒目は、オットがどこからか見つけ出してきた、カワクボコーヒーさん。
2018年開業の、まだ新しいお店のようです。

高知市の真ん中から、地図を頼りに歩いていると、周囲はこんなどこか懐かしい風景

 

なもんで、勝手にカワクボコーヒー=”川久保さん”っていう初老のご夫婦がやっているお店を想像してたんですが・・・

これは、入口からして、たぶん違う・・・ッ。

老夫婦感は薄いです。

中に入ったら、若くて可愛らしい女性の方が迎えてくれました。

お店の間口が小さかったのですが、中は細長く、8席くらいありました。
(※ コロナ対策で席を減らしている感じです)
間口から想像されるより、全然広いです。

壁に向かう席は、おひとりさまも気兼ねなく過ごせそうですね。

真昼間でしたが、落ち着いた照明のトーンで、リラックスできました。

オットはブレンドコーヒー(400円)とコーヒー杏仁(350円)。

肝心のコーヒーの写真を撮り忘れましたが、お店オリジナルの可愛いマグカップのような器に入っていました!

わたしは、アイスクリームの乗った、コーヒーゼリーフロート(600円)を頂きました。
アイスクリーム乗ってると、つい頼んでしまう・・・

デザートは、いずれも甘みはかなり控えめ。
甘さが足りないときはシロップを足して調節すると良いと思います。

手作り感のある、店内。

wifiも通っているし、パソコンやタブレットを出して軽く仕事するとかもやりやすい感じです。  

ちなみに、2階は「DIYの実践場所(?)」として、和室と洋室にDIYリフォームされている様子を公開されていました。

         

日替わりのカレーも出されているみたいで、「オイルサーディンとレモンのカレー」か、「豚バラとキムチとチーズのカレー」のどちらかが日替わりで出るみたいです。
コーヒーセットで800円ってお得だな・・・

美味しそうなので試してみたいです。

色んなシーンで使い勝手のよさそうな、居心地の良いお店でした!

KAWAKUBO COFFEE(カワクボコーヒー)

住所:高知県高知市大川筋1-7-31
定休日:土曜日・祝日
営業時間:10:00~16:00(ランチ11:30~)

言わずと知れた名店、テルツォテンポ

さて、この日は時間があったので、もう一軒へ。

もう説明するまでもない、高知市でカフェと言えばここといった感じの有名店。
テルツォテンポさん。

実は以前、連休のときに来たことがあったのですが、そのときは

この店舗をぐるりと取り巻くくらいたくさんの女性の行列に完全に圧倒されて、入らずに帰ってきましたw

聞きしにまさる人気ぶりにびっくりしたものです。

再チャレンジの今回は、平日の夕方、しかも梅雨どきとあってか、なんと我々以外には1組だけというラッキーな時間にあたりました。

改めてゆっくり眺める入口。

映画「ALWAYS 3丁目の夕日」に出てきそうな、タイムスリップ感のあるお店の構え。

ものが多すぎない店内は、それだけに店主の「思い」がよく伝わってくるつくりです。

オットが頼んだホットコーヒー(アアルトコーヒーさんでした)。
一口飲んで、「あ、これは美味しい」と言っていました。

わたしはアイスカフェラテと、すももタルト。さっきフロート食べたばかりだが・・・

このシンプルだけどこだわりのわかるタルト、すごく美味しかったです!

つい、チーズケーキまで食べた。

正直なところ、実際にお訪ねするまでは、「いまどき古民家カフェってそんなに珍しくないのに、なぜこれほどまでに評価が高いんだろう」とちょっと不思議に思っていたのですが・・・

来てみたら、アッサリ納得しました。

やはりある程度の年数をしっかり重ねていることもあり(開業なさってから10年超)、たたずまいが骨太で、ブレがない。

ちなみに、ウェブ上での口コミでは「対応が冷たい」みたいなご意見もありましたが、全くそんなことはありませんでした。むしろつかず離れずでとても感じの良いお店でした。
    ゆったりした時間を、ありがとうございました。

terzotempo

〒780-0821
高知県高知市桜井町2丁目2
営業時間 11:00〜19:00
火曜日・水曜日定休

高知にはほんとに良いお店が多いです。