四万十市・幡多

【四万十市情報】「居楽家 きんとん」さんで火鍋が食べられた!

こんにちは、ななみんです。

四万十市には「和食系居酒屋」は山ほどあるのですが、それ以外の系統のお店はかなり少数派です。

今日は、そんな中で珍しい【和食・中華折衷】の居酒屋に行ってきました。

和・中小料理「きんとん」さんへ初めてうかがう

以前からちょっと気になる店構えではあったのですが、行く機会がなかった「きんとん」さん。
和・中 小料理って珍しいですよね。

お店は、カウンターと小上がりがあり、ゆったりしつつも広すぎず、アットホームな感じで居心地良いです。

お店の中には、金色の豚(=きんとん?)がたくさんいます
なんだかゆったりできそうで良い感じ

メニューは、和・中のものがずらり。
これ以外にも、定番メニューがあり、選ぶのに困るくらい。

メニュー豊富です

カツオの刺身やイカゲソがあるかと思えば、トマトと卵の炒め物(西紅柿炒蛋)やじゃがいものピリ辛炒め(土豆絲)など、中国の庶民的なメニューもある。

これらは庶民的過ぎて、日本では逆に見つけるのが難しいんです。

ななみん
ななみん
ある意味で本格的中華だな~

中華風の飾りつけですね

全体に日本と中国がとても友好的に溶け合っているお店でした(笑)

「火鍋」あります!

さて、今日の目当ては、実は名物の「火鍋」でした!

中国料理の「火鍋」。重慶、西安、成都など、中部~西部に多い料理です。

なぜこの地方に多いかというと、「内陸はめちゃくちゃ暑い地域だから、食べるものがすぐ腐敗する。辛いモノで体内を殺菌するために食べる」と、以前重慶で聞いたことがあります。

ななみん
ななみん
腐敗を殺菌で抑えるって激しすぎるだろう

と当時も思ったのですが、今でも思う。
真偽は不明ですが、冷蔵庫のない昔は本当にそうだったのかも。

今では火鍋はむしろメジャーでトレンドな食べ物となって、北京でも上海でも台湾でも食べられます。

オットもわたしも、中国に行けば必ず1度は食べる、大好きな火鍋ですが、日本で食べられる場所は少ないですよね。
一般の日本食にはないレベルの辛さ、そしてスパイシーさだからです。

火鍋には、

  • 辛い味と辛くない味がひとつのなべに収まった「鴛鴦(おしどり)鍋」
  • 辛いスープだけの「麻辣湯(マーラータン)」

などいくつかパターンがありますが、きんとんさんは「麻辣湯(マーラータン)」タイプのよう。

ぎょうざ、肉団子、きくらげ、豆腐、野菜、肉など、すごい中身が充実~

ちなみに鴛鴦鍋っていうのはこんなタイプ。四川省でよく見ました。

火鍋って、辛過ぎたら食べられないけど、辛くないと美味しくないし、加減が難しいと思うんですが、きんとんさんの火鍋は【辛さと旨さ】が絶妙なレベルでした!

クセになる美味しさ!絶対リピートします。

ただ、高知の人ってあまり辛いモノが得意じゃないように見えるので、

ななみん
ななみん
火鍋、ここでどれくらい売れるんだろう??

という素朴な疑問。今度訊いてみよう。

その他のお料理

火鍋(1人前¥1,600)を2人前頼んだらなかなかボリュームがあって、他にはあまりたくさん頼めませんでしたが、その他の料理もどれも美味しくてものすごく満足!

きんとん焼豚。

きんとん焼豚

肉の質もタレも、すごく美味しい!これはマントウに挟んだり、麺に入れたり、チャーハンに入れたり・・・何しても絶対ウマい。

にら焼餅。もっちりした焼餅とにらの中身がバッチリです。

さっぱりのセロリのサラダ。

お料理はどれも¥500程度と、リーズナブルで、量もしっかりあるので、とても満足感が高いと思います。

きんとんの大将とおかみさん

日本人のシブい大将と、中国人の奥さまで経営されているようです。
奥さまはとってもお綺麗で日本語が上手!

もう日本に来て16年も経つとか。相当若いときにいらしたんだろうな~

西安の出身と聞いてまたビックリ。いや、いそうでいないんですよね、西安出身。
わたしが西安に住んでいたと話したら、あちらもビックリされていましたが。

今度、できれば西安の話でもしたいです。

ななみん’s VIEW

四万十市は飲むお店がとても多いので、良いお店でも、なかなか情報が入って来ないところも結構あるんですよね。

ここは本当に見落としていました・・・行けてよかった!

これからも美味しいお店を地道に掘り起こしていきます。