くらし

お酒を飲めない男はつまらないどころかカッコいい。むしろメリットだらけであることを伝えたい

こんにちは、ななみです。

世の中には、

酒が飲めない俺って、どう思われているんだろう

とか

ダンナ(彼氏)がお酒飲めない。なんかつまらないな・・・

なんて考えている男女がけっこういると思いますが

男性諸君、酒は飲めなくて(飲まなくて)もいい、と断言します。

 

ちなみに、うちは「妻であるわたしは酒がそこそこ好き」で、「夫は、まったく飲めない(飲まない)」という組み合わせです。

結婚当初こそ、「お酒飲めない人だと、つまらないかなぁ」なんてチラっと思ったものでしたが。

40代も後半になってくると、お酒が飲めないことが「メリットだらけ」になってきて、配偶者やパートナーが「飲めなくてラッキー」だと思うようになります。

お酒が飲めない(飲まない)男性が素晴らしい理由

さっとまとめてみます。

  1. お金がかからない
  2. 健康を害さない
  3. 飲み会のときに車を運転してもらえる(田舎ではすごく重要)
  4. 宴席での失言・失態がない
  5. 二日酔いで次の日をムダにすることがない

お金がかからない

第一は、これ。飲める上にフレンドリーな人だったりすると、しょっちゅう呼び出されたりします。飲み会が1回5,000円として、1か月に2回、1年で、10年で、30年で・・・

クルマや家に匹敵するくらいのお金を、酒税にかけることになります。

付き合っているときは「ワインに詳しい彼氏♥」なんて思っていても、結婚してしまうと、ワインが憎くてたまらなくなったりするかも・・・

健康を害さない

飲み過ぎれば、当然健康に良くありません。

しかも、40代くらいから、酒好きの男性は、体型は如実に表れてきます・・・!
周囲を見回してください。

飲み会のときに車を運転してもらえる(田舎ではすごく重要)

田舎限定の話ですが、飲みに行って全員が酒を飲むと、誰がクルマ運転するの?という話に。

そのために『運転代行業者』がいるわけですが、住んでいる場所によっては3,000円~とかするのでバカになりません。

うちの場合は、わたしが軽く飲んでも、必ずオットが運転してくれるのでほんとに助かります。

また、近所の数人で出かけるときも、オットがドライバーをやってくれたら、一瞬で超ヒーローです。

宴席での失言・失態がない

こういう経験、ないですか・・・(わたしは、ある)

ふだん感じのいい男性ほど、お酒で失態を見せるともったいないんですよね~!
意外と、みんな覚えていますし。

二日酔いで次の日をムダにすることがない

ぶっちゃけ、たいがいの飲み会の次の日は夕方まで気分が悪い。

本当に人生を無駄にしていますよね。

飲み始めるとついつい楽しくなってしまい、「もう1杯だけ」を何度か繰り返してしまって、あとから考えると「最後のゆずチューハイ2杯は要らんかった」と冷静に判断できるんですが、飲んでる時ってなんでわからないんだろー

お酒が飲めない(飲まない)男性のデメリット

じゃ一方、デメリットはどんなことか、まとめてみます。

  1. つまらないヤツと言われる
  2. 飲み会で疎外感がある
  3. 上司と飲めなくて出世にひびく
  4. ストレス発散手段がない
  5. 楽しみがひとつ減る

つまらないヤツと言われる

「飲まない男なんてつまらない」

そういうことを言う人種は、減らないですよね。

ただね、「つまらないと言われる」のと「つまらない」のとは全然違うんですよ。

飲まない男がつまらないのではなく

「飲んでる自分だけがテンション上がってアホみたいでつまらない」

を転嫁しているだけなんです。

なので、飲まない側の問題ではなくて、飲む側のワガママなだけなんですよね~

だから基本スルー。
でも、飲む人のテンションにほんのちょっと付き合ってあげれば、なお、ふところが広い感じでいいですよね。

飲み会で疎外感がある

これは意外に、飲めない男性の方がそう思っているだけで、飲んでいる人たちは、周りを気にしてません(笑)

ふだんと人格が変わるほど、酒の勢いを借りて盛り上がっている人々。

飲まない人が疎外されているんではなく、飲んでいる人々がどっか違う宇宙に行っているだけです。

気にしないで大丈夫です。

上司と飲めなくて出世にひびく

こういうバカな上司がいるところは辞めたほうがいいと思います。

ストレス発散手段がない

よくうちのオットは、

「お酒飲める人って、かんたんにストレス発散できて良いよね」

とつぶやくことがあります。

ただ、どうでしょう。わたしが思うに、お酒によってストレス発散は、できたような気がするだけで、本質的には解決になっていないような。

むしろ、「失言」だの「二日酔い」だの、あとからストレス増えることもあるんですよね。

楽しみがひとつ減る

わたしが唯一、本当に「飲めないオットと結婚したデメリット」として感じるのは、旅先で、ワイナリーだのビール工場だの酒蔵だのに、行けないところ。

とはいえ、旅行には他の楽しみもたくさんあるので、そんな大きな問題ではないですが。

よくいる「酒が飲めないなんて、人生の半分ソンしてるな~!」っていうステレオタイプの意見に対しては、「人生の半分がアルコールなんですか、すぐ蒸発しますね」と憐れんであげるといいと思います。

結論:飲まないが最先端

まとめると、「酒を飲まない男性のメリットはめちゃめちゃ多いが、デメリットはとても少ない」と思います。

意外と「ほどほど飲むキャラ」っていうのは加減が難しいので、いっそ「飲まない」っていうのもありだと思います。

エリートほど飲まない、というのはわかる気がするんですよね。

高倉健さんも、ユニクロの柳井正さんも、泉谷しげるさんや氷室京介さんも、飲まないそうですし。

お酒の力を借りない、ステキな人生をお送りください。

(おまけ)我が家の超オススメ★ノンアルビール(これは安くて美味しいです)