想う

「会社員末期」の連休に何をしてたかほじくり返してみた

こんにちは、ななみんです。

世間は、「海の日」をはさんだ真夏の連休・・・

フリーになってからは、そういう感覚(連休、週末)はまったくなくなってしまいますが、会社員時代の連休ってほんといいものでしたよね~

2015年、会社員末期の3連休の過ごし方

しかし会社員の時に、こんな真夏の連休、何してたんだろ?と不思議に思い、2年前の手帳があったので見てみました。

ちなみにこのとき、夫は出張中だったようで、わたしは独身生活。

そしてすでにかなり会社辞めたいモードが高いときでした。

 

2015年7月18日(土)連休初日の手帳

  • 11:00まで寝てしまう。
  • カーテンの長さを直すため、近所の仕立て屋さんに持っていく。
  • 家の片づけをする。
  • 中国語のレッスンに行く。

手帳のすみのひとこと日記:

「ひとりで家にいることが楽しいし、外は暑いし。ひきこもり」

 

2015年7月19日(日)連休2日目の手帳

  • 10:00 美容院の予約
  • 家に戻り、DVD「すいか」を見ながら、家中のカーテンを手縫いで長さを直す

※ 前日仕立て屋さんにお願いしたのは、直しが難しいやつ

手帳のすみのひとこと日記:

「カーテンわりとうまくできた」

2015年7月20日(月)連休最終日の手帳

  • ほぼ終日、映画を見ながら片付け

手帳のすみのひとこと日記:

「出かけてもよかったけどやっぱり暑すぎる。断捨離ですっきりした。洗濯もしまくった」

※ カーテンは、終わったらしい。

なんとなく記憶があるのですが、このときは前日の「すいか」の流れで、「めがね」とか「かもめ食堂」を見まくっていた気がします

個人的には、このあたりの映画を見まくるときって、すごい幸せなときかすごい不幸なとき。当時は後者だったんだろうな。

 

どんなダメな過ごし方でもかまわない

このころは会社を辞めたい病がすごくて、なにをしてもこころが動かない時期でした。

手帳のすみでつぶやいている言葉が終わってますが、でもこれはこれで事実です。

まるで枯れた井戸だったわたし。

それでもやはり連休はありがたいもので、わたしもこのカーテンな3連休を過ごしたあとに、多少活力を取り戻しているみたいです。

 

結局のところ、どんなしょーもない過ごし方でもいいんですよ。連休なんて。

自分にとって休息になってさえいれば。

 

連休になるとブログの訪問者数が減ります。

たぶん読んでくださるかたは会社員の人が多いので、ネットに来てないってことは、きっとふだんできないことやったり、出かけたり、寝たりしているんだろうな~。

「お疲れさま!連休で良かったね!」と言いたいです。かつての自分に言いたいように。

良い連休になりますように。