会社辞めた話

40代から転職か?独立か?両方やった私から伝えたいこと

こんにちは、ななみんです。

転職したい!でもそれならいっそ、大好きな〇〇で独立しちまうか・・・でも・・・

なんて悶々としていませんか。

特に40代になると、転職も独立も年齢的に最後のチャンスと感じて、迷いが生じ決断できなくなることも。

今回は、42歳で転職し、44歳で独立したわたしが、40代が「転職か独立か」で迷ったときに考えるべき、3つのポイントを紹介します。

転職より独立のほうがカッコいい、と思う人もいますが、そんなことは全くありません。

妙な体面にとらわれず、ベストな道を選ぶために3つのポイントを参考にしてください。

転職か独立か、迷ったときに考えるべき3つのポイント

転職か、はたまた独立か。
以下の問いにすべて「Yes」なら独立、ひとつでも答えに迷うなら転職が良いでしょう。

転職か独立かを迷うとき、考えるべき3つのポイント
  1. 今後3年間、収入が5分の1になっても暮らせるか?
  2. 親や友人から何を言われてもスルーできるか?
  3. やりたいことがはっきり言えるか?

ひとつずつ見てみますね。

① 今後3年間、収入が5分の1になっても暮らせるか

いきなりガックリするような話で申し訳ないのですが、これはわりとリアルな感覚です。

ちなみに「3年間」としたのは、事業が軌道に乗るまでそれくらい見ておきたい、という意味です。独立してすぐたくさん稼げる人はごくわずか。みんなたいてい下積みがあります。

さて40代の月収は格差がありますが、仮に月収35万円としておきましょう。

 

35万円の5分の1=7万円

 

これで3年間暮らせるか?自分に聞いてください。

即答で「ムリ」なら、独立せず転職したほうが無難です。
なぜなら、独立すると本当にこれくらいの勢いで収入は下がるからです。

これに対して、

配偶者が働いているから何とかなる
貯金があるから何とかなる
バイトをかけもちしてでも何とかする!

といった「できる方法を考えられる」ようなら、クリア!ですね。

ここで「できる方法を考える」のか、「5分の1?ムリムリ」で終わるのか、そのあたりが最初のポイントになりそうな気がします。

② 親や友人から何を言われてもスルーできるか

案外しんどいのがこれで。

会社を辞めて独立すると伝えて、「頑張りなさい」と言ってくれる親は少ないでしょう。(ちなみにうちの義父母はそんな人だったのでありがたかったです)

ふつうの親は説教・・・はまだいいほうで、泣かれたりしたほうが大変ですね。

友人からも「ハァ?」みたいな対応をされ・・・

そんなこんなを、華麗にスルーできるかどうか。

特に生まれてからずっと同じところに住んでいて、人間関係が固定されているとキツく感じるかもしれません。
思ったより強靭なメンタルが必要になりますので、自分の耐性を考えてみてください。

ちなみに親もきょうだいも友人も、もちろん自分も

ななみん
ななみん
50年後はもうほとんど死んどるデ

と思うとラクです。

③ やりたいことがはっきり言えるか

当たり前なんですけど、「やりたいことは独立してから考えます!」という人は独立はもちろん、転職もやめて、現在の会社にとどまったほうがいいと思います・・・!

それ、よほど幸せな証拠ですから。

40代で転職と独立の両方を経験したわたしの場合

ななみん、42歳の転職

42歳のとき、約15年勤めた会社から、転職しました。

このときは事情があって「勤務先を変えたい」というのが第一目標だったので、独立する覚悟はまったく整ってなかったです。

収入は減っても良かったですが、やりたいこともまだ定かではありませんでした。

それに東京で暮らす予定だったので、親きょうだい、昔からの友人などコミュニティが強い中で、レールを外れた行動をする勇気はなかったですね。

昔から起業願望はあったものの、このときは自分でも「タイミングじゃないな」とはっきりわかりました。

ななみん、44歳の独立

このときはプロフィールに詳細を書いた通り、人生そのものをリセットする段階だったので、逆に独立ありきでした!

あわせて読みたい
【随時更新】東京で会社員20年。からの高知県フリーランスになったプロフィールこんにちは、ななみんです。 プロフィールって難しいんですよね。めちゃめちゃ書き直ししています・・・ 今回も何度目かの大規模リライト。...

上述の3つのポイントでいえば、

① 今後3年間、収入が5分の1になっても暮らせるか 
  → OK(田舎暮らしで何とかなりそう)

② 親や友人から何を言われてもスルーできるか
  → OK(移住して距離が離れるので干渉を避けられる)

③ やりたいことがはっきり言えるか 
  → OK(文章を書きたいです)

と、クリア。

わたしの場合、独立と移住が裏表の関係にあり、「独立なくして移住なし、移住なくして独立なし」という感じでしたね。

なぜなら、物理的に東京を離れることによって、大消費社会の金銭感覚を考え直すこともカンタンでしたし、親や友人などの過去のコミュニティといったん距離を置いて、しっかり自分に集中することもできました。

これはカンタンなようでいて、東京にいたままならできなかったと思います。
「人間は環境の奴隷」という言葉が、今ならよくわかります。

40代は「ラストチャンス」ではないから何度でも試そう

35歳転職限界説、なんていうのはさすがにそろそろ消滅しそうですが、40代というと「何をするにもラストチャンス」のような気がしてきます。

でもそれ、勘違いです。

わたしたちは独立してからもトライ&エラーを繰り返していますし、「これが最後のチャンス・・・」なんて思うことは全くありません。

限界を作っているのはいつも自分なんですね。

というか、独立したらあとは走り出すだけで、逆に「ラストチャンス」なんて言って閉店している場合ではないです!

「これでコケたらあとがない」と思って、手足が縮こまって何もできなくなり、それが一番の機会損失になります。

この考えを持っている人がいたら、すぐ捨てるべきです。

ななみん’sView

今日は、「40代が転職か独立か迷ったときに考えるべきポイント」をまとめました。

再掲すると、

  1. 今後3年間、収入が5分の1になっても暮らせるか
  2. 親や友人から何を言われてもスルーできるか
  3. やりたいことがはっきり言えるか

です。

転職も独立も、以前より環境が整ってきて、どっちもやりやすくなっています。
焦ることなく、毎回自分に確認しながら、道を決めていきましょう。