オススメ旅

脱サラ、フリーランスのメリット・デメリットまとめてみました

こんにちは、ななみんです。

フリーになって1年5か月経ったので(すげぇ中途半端)、改めてメリデメをまとめてみます。

フリーランスのメリット

1.通勤がない

乗り物酔いするタイプでもあり、通勤が人並以上に苦痛だったような気がします。

ほんと、これだけでもフリーになった価値が十分あったと言ってもいいくらい。

体力の落ちる40代、とても楽になります・・・

2.好きなときに休める

大勢が休んでごった返す週末に休む必要がない!がらがらの平日に休める!

今日、日曜日に通りかかってしまった鎌倉・鶴岡八幡宮前・・・渋谷のスクランブル交差点みたいになってた。ま、ここは平日でも混雑ひどいみたいですが。

それに悪天候など、必要のない出勤もする必要がないですね。

退職を決意した日のこと。雪だ。会社辞めよう。こんにちは、ななみんです。 「会社員を辞める」ってすごい決意のようですが、最後の最後っていうのは、ほんとうに 崖の淵からポン...

あっでも、これ盲点もあって、

  • 平日休みの店が結構多いのでガックリ
  • 結局、会社員の友達に合わせて週末に動くことが多い

んですよ。やってみないと気づかないことってあるんですよね。

3.洗濯しながら仕事できる

これも結構重要。在宅で、

「洗濯機のボタンを押して」、仕事。

「洗濯が終わって干したら」、仕事。

「乾いてたたんだら」、仕事。

といった感じで、「家事が息抜きになる」んですよね。

ほかに「ケーキを焼きながら」バージョンもありです。

4.好きな人と仕事ができる

会社だと、キライな人とも仕事しなければならないのが当たり前。それは大変な苦痛でした。

フリーランスでもよほど実力がなければ仕事を選んでばかりもいられないですが、それでも「しんそこ病むほどイヤな人」を避けることはできます。

これだけで、なんと心が軽いことか!

5.緊張感がある

わたしは元来ナマケモノ。

会社のように「してもしなくても」給料が変わらないようなところだと、手を抜きがちです。でもそれやっていると、自分が腐っていくのがわかりました。

だからDEAD OR ALIVE(そこまで追い込まれてはないけど)くらいの環境である今の方が良いと思っています。

フリーランスのデメリット

1.経済的なことすべて!

言わずもがな。

決まった給料がない。ボーナスがない。厚生年金がない。有給休暇がない。退職金がない。

ないないづくしです。

まぁ、でもそれくらい会社員が優遇されてないとね、逆に会社員を続けられないんですよね。

2.孤独を感じる

「上司」「部下」「同期」、何にもいないというのは気楽な反面、寂しいこともある。

とはいえ、ネットを通じて仲間を探すこともやろうと思えばカンタンだし、昔よりはそのあたりのデメリットは少ないのでは。

ちなみにわたしは、この孤独についてはあまりデメリットを感じないタイプです。

3.気分転換しづらい

基本的に在宅ワーク。都会ならWIFIの通じるカフェがたくさんあるのでいろんなところでノマドワークできると思いますが、田舎はそういう場所、ほとんどないんですよね。

家でもなく、職場でもない。サードプレイスが欲しいなぁとしみじみ思います。

4.夫婦の時間が長すぎる

夫婦ともにフリーの場合は「ふたりの時間が長すぎる」ことに苦痛を感じるひともいるかもしれません。

この辺りは本当に個人差がありそうですが、せめて仕事部屋がそれぞれあるといいですよね。

5.無題

えっと、数的には5個挙げたかったのですが、デメリットは4つしか浮かびませんでした。

思いついたら追加します!

ななみん’s View

フリーランスvs会社員、みたいな構図や議論がありますが、

魚屋と八百屋はどっちがいい?

と言っているようなもので、まったく無意味。存在意義も内容も全く違いますよね。

 

わたしはフリーになって良かったと思いますが、会社員よりマシ、というくらいで、不安や不満がゼロなわけではないです。どっちにしても大変は大変。

だから自分に合うほうをじっくり選んだほうがいいと思います。社会の流れや人の意見に押されずに。