カフェ経営

実験の結果。

こんにちは、ななみです。

カフェでは、先日の連休、こんな実験的営業をしました。

  • 通常→日・月の営業
  • 実験→土・日・月の営業

 

何がしたかったかというと、日曜に集中しがちなお客様を、(冬期は)営業していない土曜日も開店することで分散できないか?と思ったわけでした。

 

言うまでもなく、新型コロナウイルス対策です。

 

わたしのイメージでは、

「日曜の来店を10としたら、土曜日もやれば”4:6”くらいに分散するのでは・・・」

という感じ。

 

さて、そんな中で迎えたこの連休。

大きなお天気の崩れもなく、大変気持ち良い日和でした。

我が家の庭のレモン

 

実験の結果からいうと、

 

”土曜:日曜=10:9”
(体感)

Umm….

お店としてはありがたいものの、予測は大ハズレ!!
(しかも土曜>日曜というナゾ)
(;´・ω・)

いや、人の流れをコントロールするなんていうのはやっぱり難しいですね。
国の自粛”要請”が効かないのがよくわかります。

今日(3月27日現在)、東京は非常事態に近いような状況になりつつありますので、高知にも影響がじわりとやってくる可能性があります。

必要とあればいつでも「休業」するつもりはあるのですが、「生活」という点も考えなくてはならないし、なかなか簡単には決められないですね。

これからの営業についても、試行錯誤になりそう・・・

 

ーーー

 

うってかわって、こちらは月曜日の一コマ。

お客様が1組だけになった瞬間、音楽とアイスコーヒーを混ぜる氷の音だけが響くひととき。

本当は、なるべくこんな静かで人の少ない時間を、たくさんの人に味わってもらいたい(→矛盾 笑)、と思っています。