オススメ旅

旅しながら仕事する、ってほんとそんなにいいもの?

3週間以上の国内旅行。

旅しながら紀行文書いたりするの憧れだったんですよね。

あと、ノマドワーク。PCさえあれば、旅先のスタバですぐ仕事。なんかかっこいいじゃないですか。

ということで、今回の旅に当たっては、食事や観光はもちろん、走行距離から出費から事細かにブログに起こそう!と思っていました!

が、ご覧の通り。

ここ2週間の更新は、旅の話もあれど、それが時間的に前後してたり、コラムが挟まったりと、ワケの分からないグダグダになってます。

走行距離すらメモってない…

いやー、旅しながら書くってマジ難し!!

さらに、持って行った仕事も、ろくにできていません。スタバはたくさんあったのに・・・

というわけで、「旅しながら仕事する」は、思ったほどステキでもラクでも楽しくもなかった(自分比です)ことをお伝えします。

その理由は以下のとおり。

理由1 ネット環境が悪い

wifiのある宿泊先なら良いのですが、車中泊だったり、実家宿泊やよそに泊めてもらうときは、テザリングになります。

今日はテザリングに利用してるiPadがなんか調子悪くて、とうとうスマホで更新。

こうなると、デジカメからの写真アップとかすごーく大変になってしまうんですよね。

旅のあいだは、ルーターレンタルしてれば良いのでしょうが、そこまでするか、ウーン…

理由2 疲れている

もう単純にこれ。ほんとこれ。

そんなにハードスケジュールでもないし、毎日乗馬やランニングしてるわけでもない。

遊んでるだけなのに、なんか旅行ってクタクタなんですよね~

運転は夫と分担でも、わたしは3割くらいだしな。

上げ膳据え膳で、家事もせずに好きなことしててもやっぱり疲れる。

ほんと不思議です。

理由3 書くことがないときがある

旅ってネタの宝庫であることは確かなんですが、それとて、ほぼ1日移動って日もあるし、行ったところ、やったことがことごとくつまんない日もある。

ま、それをそのまま伝えるのも発信力だろうし、情報シェアとしては良いと思うのですが、疲れててwifi環境も悪い中で、つまんなかったことをわざわざ振り返るってのも地獄過ぎ。

そんな日は早よ寝る。

—–

そんなわけで、憧れの『紀行を書きながら旅する』をやってみてわかったのは

そんなに甘くねえわ

 

でした。

作家の紀行文って、運転手とガイドがついて、ホテルには毎日17時ごろには入ってるんだろうなぁ。

とはいえこうした自由気ままな旅はめちゃめちゃ楽しいんです。

生きてて良かった!!と言いたいレベル。

やっぱりもう少しちゃんと記録しないとなぁ。