カフェ経営

<<転機>>カフェ経営をいったんやめます

2022年12月をもって、現在経営しているカフェをいったん閉めることにしました。

いったん、というのは、再開の予定があるわけではないけどないわけでもない、という意味です。ただし、再開するにしても、今と同じ場所にはならないと思います。

現在のカフェを閉めるのは、場所が使用できなくなったという、ものすごく物理的な理由なので、「健康状態が悪い」とか「夫婦仲が悪い(?)」とかいうご心配はありません!

カフェの経営はほぼ丸5年間でした。

もともと、ある方のプライベートな空間の一部をお借りして始めたものなので、本来ならばもっと早く閉めるべきだったのかもしれませんが、思いのほか人気が出てしまい(自分で言う、しかも太字で)、やめるタイミングを失っていました。

あと、自分の所有地ではない、と重々わかっていても、5年も過ごすと、やはりなんとなく離れるのが寂しくなるものですね~

それもあって、やはりやめるタイミングをつかめないでいました。

という、自分で決断できにくい状況の中、物理的にしょうがない!という感じになったのは、ある意味で良かったなと思います。

日本語ではこういう状況を一言であらわす表現があります。

「潮時(しおどき)」

または

「これでいいのだ(?)」

何度か書いていますが、わたしたちはカフェ経営について手探りでスタートしており、ウォーミングアップがないどころか、裸足でフルマラソン大会に出てしまったくらいのヤバさがありました。

そんな素人が5年も続けてこられたのは、ロケーションに恵まれたこと、田舎特有ののんびりさがあったこと、週に2~3日の営業というゆるい体制だったこと、が大きな理由だと思います。

他の方に勧められるやり方ではありません。
とはいえ、これで開店以来1度の赤字もなく続いてきたのは事実なので、まぁ、お店や仕事の仕方に唯一の正解はない、ということがよくわかる経験でした。

かなり闇雲に走り続けた5年間だったので、2023年はいったん休みながら、次の展開について考えたいと思っています。

ブログは続きますので今後ともよろしくお願いいたします!

~追記~
カフェを閉めることについて、また、最近あわただしすぎてブログ更新できていないことについて、いくつかご心配頂くダイレクトメッセージを頂いています。
ありがとうございます!
基本的にDMは個別にご返信するのですが、この1か月ほど、あわただしくて、すぐにご返信できていません。ゆっくりペースですがご返事いたします。