地方移住

移住して初めて「人間不信」と想った話

前の記事で書いた、四万十川流域のメガソーラーの件、現在(2019・9・29)でも進行中です。まだ、結論は出ていません。

四万十川に「メガソーラー」ができるかもという危機我が家の目の前にメガソーラーができる計画があるという。 全区画8ヘクタールを開発し、うち4ヘクタールをメガソーラーにするという計画。 ...

この話が市民に公開されてから3週間くらい。
その間はオットもわたしも、

住民説明会に参加したり、
議会を傍聴したり、
反対署名を集めたり、
メガソーラー容認派・反対派の人と話をしたり、

と、いろいろとこの件では巻き込まれていました。
(なんといっても家の目の前にできるもので)

で、たった3週間で、わたしはなんとなく人間不信に陥っています。

なんせ、メガソーラー建設の背景にせよ、そこにまつわる人間にせよ、諸説がありすぎ!!

企業との癒着があるとかないとか
裏事情があるとかないとか
あの人はいい人だとか悪い人だとか

要するに

誰が、何が、真実なのか

人によって言うことが違う。さっぱりわかりません。

なぜわたしがこんなことをわざわざ書くかというと、これが東京ではあまり経験のないことだからです。

といっても、「東京はみんないい人ばかりなんです」ってそんなわけないし。

 

だとすると、なぜこの人間不信が、田舎で初めて発生する感情なのでしょうか。

 

わたしなりに解きほぐしてみると、そもそも人間を信じる・信じないという発想は、その人との距離感がある程度近くないと起こりえない、ということに突き当たります。

 

通りすがりの人に「この人は信じられる」「信じられない」という感情をイチイチ持ちませんよね。

東京での人間関係は、今思うとかなり希薄だったのだなと感じます。
だから、不信という感情も湧く理由がありません。

 

実は4年前にこちらに移住してすぐのころは、まだ似たような状況でした。

誰ひとり知人もおらず、完全アウェイ。

四万十市の住人全員がただの通行人、わたしたちにとっては、言ってみれば名前もセリフもないエキストラでした。

信じるも信じないもなく、したがって人間不信など感じることはほとんどありませんでした。

 

ところが今は、市内の多くの人が、名前とセリフ、役柄を持った重要な登場人物として、わたしたちの人生に関わっています。

もう、単純にスルーできなくなってきているのです。

 

だから、人間不信になるのは、ある意味ではわたしたちが本当にここに根付きはじめていて、深い人間関係ができてきている証拠なのかもしれません。

そのことに、怖さと、嬉しさと、面倒くささと、ありがたさと、いとしさとせつなさと心強さと、なんだか非常に複雑な感情を感じています。

さらにもっと重要なことは、もしかして誰かを「信じられる」「信じられない」で分けることではなく、

「この人に騙されるならば、あきらめがつく」

と言えるほどの人に人生でどれほど出会えるか、なんじゃないかとも思うようにもなりました。

とはいえ、そんな素晴らしい人に出会うには、同じくらい自分自身を高めていかなければならないのだろうなと感じています。プレッシャー。

 

ところで、わたしが考えるに、東京の人間関係の希薄さには理由があります。

まず人間が多すぎるので、関係が濃すぎると、たぶん人間の処理できる情報量や感情のキャパシティを超えてしまう。みんな無意識に、自己防衛せざるをえない。

そして、東京では人間関係が希薄でも生きられるように、たいていのことを「システムかお金」で解決できるようにもなっています。
これでなんとか回ってる。

翻って、田舎では解決策はほぼ「人情か権力」。

これは逆にシステムもインフラも整わず、GDPも低い中での相互扶助、本能的な生存策のようにも感じます。

都会と田舎、人間関係のありかたで、より人間性が如実に出やすく、ごまかしが効かないのは田舎のほう。

知らなくてもよかった、人間のずるさや弱さが露呈します。また自分もそれも露呈します。

ね、色んな意味で怖いよね。

特に今回のメガソーラーのようなドでかい案件では、多くの人の人間性がむき出しになりました。そうならない人は、何もしてない人です。

田舎の人間関係が面倒くさい、と言われることの根底は、こういうことだと理解しました。
この面倒くささを忌避して都会に戻る人が多いのも当然だし、それもいいと思います。

しかしわたしはここに面白さをちょっと見つけて、もう少しこの成り行きを見守りたいような気がしています。