くらし

家電が壊れまくるこのごろ

2019年8月から現在にかけて、家電が壊れまくっています。

  • 洗濯機
  • パソコン
  • エアコン
  • (おまけ)車がパンク

まぁパンクは家電ではないし、故障でもなくただの「オウンゴール」「自打球」ですが。

買い替えや修理で30万円以上くらいの出費になります。海外行けるな・・・

 

洗濯機とパソコンはほぼ寿命なので仕方ありません。

こちら↓にも書きましたが、

日立vsパナソニック。ドラム式洗濯乾燥機選び、夏の陣が終結 <買うなら8月>かれこれ数か月も悩んでいたというか楽しんでいたドラム式洗濯機選びが終結しました! 勝った(買った)のは日立。 本当にぎりぎりまで、パ...

洗濯機などの大物家電は、年間で底値の時期がだいたい決まっています。
なので、寿命から鑑みて、計画立てて買ったほうが、結局安いのかなとも思ったりします。

エアコンはずっと快調だったので、いきなり壊れて想定外。
初めての本格的修理、基盤の交換で26,000円くらいかかりました。
これは軽い修理で済んで本当に良かったですが、9月の「異常な残暑」のときに壊れたのでちょっと参りました。
朝・晩が涼しくなっていたのが救い。

家電の補修は、人生の必要経費とはいえ、全部同じ月でなくてもいいじゃんと思うんですけどねぇ。

 

実のところ、東京にいたときって家電が壊れることってめったにありませんでした。
それが高知に来てからガンガン壊れるような気がします。

 

考えられる理由は3つあって、

  1. 自営業になったので在宅時間が長い=家電使用時間が長い
  2. 高知の気候がハゲしい
  3. 田舎の一軒家なので、土ぼこりなどが入りやすい

というところ。

田舎に移住してフリーランスをするなら、「修理費用」を多めに見積もっていたほうがいいですよ。

 

家電とかって、壊れるときはなぜか連鎖するみたいですね。
「幸福は単独で、不幸は手をつないでやってくる」。まさに。

ともかく、家電の補修で色んな予算が吹っ飛んだため、今年行こうと思っていた人間の保守点検(=人間ドック)は、見送ることになりました・・・

健康に気を付けて過ごしまーす。