想う

嘲笑に慣れる強さを持つ

26歳で留学したとき、

43歳で転職したとき、

45歳で移住&脱サラしたとき、

 

すべて「え、今さらwww」「はぁ?」「老後ヤバイ」

 

など、バリバリ笑われました。

 

結婚すればいいのに・・・

今の会社にいたほうがいいのに・・・

せっかく東京にいるのに・・・

正社員なのに・・・

 

と。

 

 

最初の留学のときは嘲笑慣れしておらず。

「26歳ってみんな結婚準備するもんなー。はぁ・・・」

ってかなり落ち込みましたよね。

まぁそれでも行っちゃったんですけど。

 

しかしいざ留学してみたら、確かに10代から20代前半の若い人が大半ではあったけど、30代~40代の人もゴロゴロしてて。

わたしは若くもないけど、決して若くなくもないという立ち位置。

 

要するに杞憂でした

 

というのがオチでした。留学先では年齢なんてそもそも話題にすらならなかったよ・・・

 

嘲笑を恐れると、嘲笑する人しか見えなくなるのが危険なんですよね。

一番見る必要のない人の言動が気になってしまう。

そうなると、ひそかに存在している「支援者」にも気づかなくなります。Wの悲劇!

 

 

これからの時代は「いま、あなた自身はどんな独特なことをしているか」だけで判断され、評価されます。

 

誰かに笑われないことを最優先していると、独特なことは絶対できないんですよね。

 

 

人と同じことをしていれば嘲笑はされないけど、尊敬もされない時代。

いや、そろそろ「人と同じ」が一番嘲笑される時代になってきているのかな。

 

他人を笑う人は、その先の景色を見たことのない人。

 

そういう人を蹴飛ばすあっさり置いていく力があると、見える景色が全然変わってきます。がんばろ。