珈琲&スイーツ

コーヒー豆の飲み頃は、焙煎から何日後?我が家ではこんな異例なケース

こんにちは、ななみです。

我が家で飲むコーヒーは、すべてオットが自家焙煎しているもの。

ところで、コーヒーは焙煎から何日目が一番美味しいかご存じですか?

答え:

諸説がありますが、だいたいのところ

「コーヒー豆は、焙煎後3日後から2週間くらいまでが最も美味しい」

という意見が、多数派のように思います。

 

うちのカフェは週末のみの経営なので、週末が一番美味しくなるように逆算して、オットがその週の前半(火曜あたり)に焙煎しています。

毎週新しく焙煎していますが、お店で残った分は、わたしたちの家での消費用。

毎朝、オットがお店と同じように丁寧に淹れてくれるコーヒーは、本当に美味しいのです。

 

そんなある日の朝。

なんだかいつも以上にものすごく美味しいコーヒーを出してくれたので

「なにこれ!すんごい美味しい!!なんか秘密あるでしょ!!」

と言ったら、びっくりしたようなオットが

「それ1カ月前のやつ(;´・ω・)

と白状(?)しました。

それにはこっちがビックリ!!
(たまたま残っていたらしい)

 

一般にコーヒーは、

「焙煎から2週間を過ぎると、酸化して美味しくなくなる」

というのが通説です。

 

しかしそのときオットが出してくれた「1カ月コーヒー」は、イヤな酸味もなく、いつもの美味しさに拍車をかけて、まろやかなコクを感じさせるものでした。

熟成肉(エイジングビーフ)、というのが最近とても人気ですが、これはいわばエイジングコーヒーなのかな?

このカップは、長野県のアツムイ窯さん

 

「なぜ味が落ちないんだろう」

すごく不思議なのですが、もしかしたら、それは焙煎方法のせいかなと思っています。

 

オットは林業をしているので、自分で「薪」を作ることができます。

そして、取った薪は半年ほど乾かし、石窯の中で燃やして、コーヒー豆を焙煎しています。

お店にある石窯です

 

そしてここが重要なんですが、石窯自家焙煎は、

薪の直火の熱ではなく石窯の持っている遠赤外線の熱を利用して、焙煎をすすめる感じ

なのです。

科学的根拠はないのですが、石窯と薪の遠赤外線がコーヒー豆にじんわり伝わって、長くコーヒーの美味しさを豆にとどめてくれているように思われてきます。

飲むたびに、自然から頂いている薪のありがたみと温もりを感じる、オットのコーヒーです。

毎朝、贅沢だな~と。

このごろは「豆乳オレ」が自宅のブーム

 

ロースターは、日本にとても増えてきましたが、薪を自分でとってきて、自家焙煎しているのは、たぶん日本でうちのオットだけ。

大量生産はできない、特別なコーヒーです。

ついでに言うと、四万十の水で淹れることも、さらに美味しさを増しています。
これは確実。

機会があれば、ぜひ四万十市まで飲みにいらしてくださいね。

 

石窯自家焙煎コーヒーの詳しい流れはこちら

薪を採るところから始まる石窯自家焙煎。SLOW COFFEEを試しませんか?こんにちは、ななみです。 うちのカフェでは、豆を石窯で自家焙煎し、オットがコーヒーを抽出しています。 薪を燃やして石窯の中で焙煎...