コーヒー&スイーツ

パリ在住の料理人・えもじょわさんのスイーツは本当に美味しいの?実際作ってみました

こんにちは、ななみんです。

「えもじょわ」さんってご存じですか?

えもじょわキュイジーヌという「料理・製菓の動画サイト」を運営し、YouTube総視聴回数 5000万、2019年1月29日現在、チャンネル登録85万を誇る、スーパーYouTuberさんです。

▼ えもじょわキュイジーヌ

顔だしされていないので人物像がミステリーだったのですが、辻仁成さんとこんな対談をされていたんですね。

▼ THE INTERVIEWS
チャンネル登録者数60万人、超人気ユーチューバー「えもじょわ」の秘密!

このインタビュー記事の最後にえもじょわさんらしい人の後ろ姿が。
超イケメンっぽい!見て!

その対談の中でのご本人による自己紹介を引用すると、

僕は高校を卒業して、一旦会社員になったのですが、自分には合わないなと思って会社を辞めました。

それから半年間の世界旅行に出て、帰ってきてから料理専門学校に入りました。フレンチに出会ったのは専門学校時代にフレンチレストランでアルバイトをした時で、見たことのないような料理やお菓子があって、「なんなんだ!」って思いましたね。

卒業してからは仙台のレストランやワインバーで料理人として働き、渡仏してからもフレンチレストランで料理人として働いていました。

なんだそうです。

そんなえもじょわさんの動画は、こちら。

料理レシピの動画といえば、

「はい、こちらがたまご4つですね~」
「ゆっくり混ぜてください」
「オーブンは200度で予熱開始です」

など、しゃべりまくるのがふつうですよね。

あるいは、最近は真上から撮った画像で、早送り。

が、えもじょわさんの動画はそのどちらでもない。
彼の声は入っていなくて、ひたすら手元が映る。
説明は字幕で、あと華麗な音楽がゆったり流れるだけ。
早送りどころか、まどろっこしいほどゆっくりなのに、なぜかイライラしない。

そしてなんといってもえもじょわさんといえば、「音」。

たまごを割る。かきまぜる。ペーパーを折る。チョコを溶かす。etc

そうしたすべての音が、なんとも心地いい。えもじょわさんのファンは、ほとんどがその「音のフェチ」みたいなものです。

 

えもじょわさんの動画は美しいだけでなく、実際の手順がすごくわかりやすいし、それによって

「こんなの、作りたい・・・」

という熱量を一気に増幅させてくれるんです。

5000万回の視聴回数はだてじゃないですね。

先ほどの辻さんとのインタビューの中では、

初日はリハーサル、2日目撮影、それから編集に2、3日かかります。なので、一本の動画を撮るのに約一週間かかりますね。

とおっしゃっています。やっぱりラクじゃないんだよなぁ~!!

というわけで、ともかく実際作ってみました!

動画がめちゃくちゃ美味しそうだったので、まずこの生ガトーショコラ。

実はこれ、

  • チョコレート
  • 生クリーム
  • グラニュー糖
  • たまご

という、たった4つの材料でできています。

実際やってみたら、これまで作ったどのガトーショコラよりカンタンでした。
なのに、レアなケーキが好きな人には、たまらない絶品ケーキの完成。

ただし、ややソフトすぎて扱いづらかったので、カフェでご提供するときには、レシピを少々アレンジして出させてもらっています。(すみません)

小麦粉やカカオパウダーを使用したガトーショコラがお好みの方もいますので、どっちがいいというものではないのですが、わたしは個人的にこのケーキ、大好きです。

結論:えもじょわさんのスイーツは美味しい

 

そして、動画もいいけど、本もまたいい・・・
現在出ているのはこの2冊です。

この本はセンスが抜群で、それでいてわかりやすさも追求している。
そして作り方はわりとカンタンなのに、出来上がりはそうは見えないものが多い!

日本人の繊細さと、パリのセンスが見事に融合している感じがします。
また他のレシピも試したら報告します。