カフェ経営

Go To キャンペーン → 迎える側が想うこと

こんにちは、ななみです。

いよいよ今日(2020.7.22)から「Go Toキャンペーン」が始まりました。

ひとまずは宿泊費の35%を補助します。いずれは、クーポン券で飲食・レジャー費などを+15%補助します。というやつですね。

・・・っていっても、肝心な部分ははっきり決まっていない上に、「東京への行き来は対象外」「若者(誰?)と高齢者(誰?)の団体は対象外」etcなど、追加条件だけはあとからあとから出てきています。

こんなにグダグダな政府の施策を見るのは、わたしも半世紀近く生きてきて初めてです。

とはいえ、スルーしてばかりもいられません。

夏の間はここ四万十川は特に観光のお客様が多い。
わたしたちを含め、このあたりで観光業をしている人々にとっては、Go Toキャンペーンのまさに行き先、つまり「Comeされる側(→合ってる?)」なわけです。

もちろん、同じエリアで同じ観光業をしているといっても、内容も規模もさまざまなので、Go Toキャンペーンについてどう考えるかは一致しません。たぶん。

あくまでわたし(たち)がどう思うかだけを述べてみたいと思います。

ーーー

私たちのお店は、地元のお客様も、観光客のお客様も、どちらも結構いらしていただいています。

四万十川が臨めるロケーションなので、喫茶店というより、もはや一種の観光地としていらしている方もわりと多いかも。

お店から

なので、小さな店とは言え、Go Toキャンペーンもあながち影響がないわけではない。
キャンペーンの効果で、お客様が増える可能性も多いと思います。

がしかし、手放しで嬉しいかと言えば、それも微妙。

たとえ一時的にわっとお客様が増えて、わっと売上が上がって、「ワーイ、コロナの分を取り返した!」ってなったらハッピーかもしれませんが、その一方で、当然、ウイルス感染のリスクは高まります。

さて、

お店から感染が発生したらどうなる?

実は四万十市では、今のところ「あのお店から感染者が出た」というようなリアルな事態にはなっていないんですね。

つまり身近に前例がなくて(幸いですが)、そのダメージは、正直想像ができません。

さっと消毒して終わり、しばらくして何事もなかったかのように再開・・・なのか。
いや、風評で営業しづらくなり、そのあと何カ月も休業になるとか。
いや、最悪の場合では、廃業になるとか。

フリーランスのように不安定な職業では、常に「最悪を想定し、最善を尽くす」ように過ごしているものの、今回のコロナのように、あまりに未知なことが多い事態は最悪の想定をしてしまうと、もうフリーズですよね。

動き方が難しいです。

前からよく言っているのですが、特に田舎では、お店は「存続することに意義がある」と思っています。

都会のようにいくらでも代わりがいるわけではなく、ひとつ店がなくなれば、灯りがそこだけ消えたように急に寂しくなる。

とにかくどんな細く小さくとも、長く続けることが重要では?と思っています。

なので、「キャンペーン」的なことで、わっとお客様が増えて、わっと売上が上がって・・・というのは、やっぱり、わたしたちの店にはあまり合っていないような気がします。

もちろんコロナ禍への救済があるに越したことはないですが。
あえて言うなら、欲しいのは起爆剤ではなく安定剤です。

そもそも、わたしたち夫婦は旅行が好きなので、Go Toキャンペーンは本来であれば「Goする側として」嬉しいはずなんですけどね。

ただここまでゴタゴタすると、

え、こんな状態なのに、安いからって旅に出るの

と言われそうで、なんだかGoする側としても、いつ行けばいいのかと悩みません?

 

ともあれ、お店のほうは「最悪を想定した最善の対策」で臨んでいるので、機会がありましたら、安心してご来店いただければ幸いです(^^)