カフェ経営

人気のコーヒーミル「ナイスカットG」を、自家焙煎珈琲店主の視点からレビューする

こんにちは、ななみんです。

最近、コーヒーブームで美味しいコーヒー豆を買って自宅で飲む人も増えています。
コーヒーは鮮度が重要なので、「豆」で購入し、家で挽くのがベスト。

ドリップ(抽出)にこだわる人も多いんですが、それ以前に、豆を挽く「ミル」がかなり大事ってことを忘れちゃならない

自家焙煎コーヒー店を営むわたしたちから見ても、とてもオススメできるミルの機種がカリタ 業務用・電動コーヒーミル「ナイスカットG」です。

今日は、

  • ナイスカットGって、何が良いの?
  • ナイスカットGを買って、損はないの?

そんな疑問に答えるために、ナイスカットGのレビューを書きました。
今日はコーヒーを自家焙煎をしているオットの監修つき。
ご参考になれば幸いです。

カリタの大人気商品「ナイスカットミル」の後継機:ナイスカットG

ナイスカットGは、かつてカリタの大人気定番商品だった「ナイスカットミル」の後継機なんです。GはGenerationのGらしい。

約2万円と、単機能の家電としてはなかなかのお値段ですが、「おうちでつねに美味しいコーヒーが飲める」と考えたら決して高い買いものではない気がします。

ナイスカットGの良いところ

デザインがレトロかわいい

なんといっても、見た目がかわいいのがいい(笑)
我が家のものは「クラシックアイアン」という色合いです。

ムダがない機能美。古いような新しいような、不思議な魅力があります。

アイボリーという色もあります。女性の1人暮らしのお部屋とかにあったらステキだな。
さわやかですよね。

コンパクトで場所を取らない

サイズは、幅120×奥行218×高さ337mm。
A5の紙一枚置くスペースがあれば、置けますね。

あんまりスペースのことを心配しなくていいのは、ありがたい点です。

ちなみにこれを「持ち歩いて地下鉄に乗る」とかあまりないでしょうが、重さも2.3㎏しかないので、仮に移動するにしてもラクです。

カット式で均一に豆が挽ける

コーヒーミルの豆の粉砕方法には、大きく分けて

  • カット式
  • 臼式
  • プロペラ式

があります。

ナイスカットGは、名前の通りカット式。

こんな風に2枚刃が組み合わさっており、豆を切り裂くように、しっかり挽いていきます。

カット式は豆を均一に挽くことに優れ、微粉も少ないことがメリット。

※ 微粉とは、コーヒー豆を挽いたときに出てしまう、極小の粉。多く混ざるとコーヒーの味に雑味が出てしまいます。

出来上がりの均一性は、かなりいい線をいっていると思います。

手入れがカンタン

この〇で囲んだところのねじを、10円玉か何かで回すだけで、上記の2枚刃が出ますので、中にたまった粉を付属の筆か何かで払うだけ。

とっても簡単です!

価格がお手頃

2019年1月現在、約20,000円で購入可能。

わたしたちが買った1年前より、5,000円も下がってる・・・(涙)
このお値段なら、ホントに買いだな~

ナイスカットGの良くないところ

うちは別途みるっこDX R-220も使っているので(後日レビューします)、どうしても相対比較してしまうのですが、みるっこと比較するとこんなところが気になる。

微粉がたまる

微粉が少ない、と書いたのですが、体感としてはみるっこより多いような気がしています。

ただ逆に考えれば、微粉が粉に紛れ込むよりはいい、とも言えるので、一概にデメリットではないかもしれません。

スピードが遅い

前機種の「ナイスカットミル」が中挽きで130g/分だったのに対して、「ナイスカットG」は100g/分になっています。

これは、速度を落とすことで摩擦熱を抑え、粉の均一性を上げるための改善なんですね。

ただ、みるっこDX R-220 が250g/分なので、較べるとかなり遅く感じます。

といっても、コーヒー1杯分の豆は12g程度でどっちにしても十数秒の話なんで、それほど気にはなりません。

音がうるさい

これもみるっこDX R-220との比較になってしまうのですが、やや音がうるさく感じます。
(動画は音が出ますので、ご注意!)

とはいえ、豆が挽ける音というのは、別に大きくても不快な音ではないので、それほど気にしなくていいように思います。

余談:「プロペラ式」ってどう?

わたしも昔は、こんなタイプのプロペラ式を使っていました。

「ミルにそこまでお金をかけるほどコーヒーにこだわらないが、とりあえず豆から淹れたい」という人に向いています。 

安いし、コンパクトだし、速いし、とても手軽。

ただ、これはオットによると、「先に挽かれた粉も、なんども挽かれてしまう」ので、どうしても不揃いになりがちだし、細かすぎる粉ができてしまうとのこと。

全体を揺らしながら動作させることで、少しムラが抑えられるみたいです。

2,000円くらいのものですし、買って使ってみて「もっと美味しいコーヒーを淹れたい!」と思ったら、ナイスカットGなどに移行するのもありです。

ななみん’s VIEW

そんなわけで、機能と価格のバランスがとてもいい、「ナイスカットG」

コーヒーライフのクオリティを上げるのに、超おススメの品です。
それに、なんといってもかわいいので、半分はインテリアとして愛している(笑)

どうぞステキなコーヒーライフをお過ごしください。