コーヒー&スイーツ

スマイルビスケットがまとまらない話

コーヒーと、美味しいお菓子が食べたい!

コーヒー大好き。で美味しいお菓子が一緒だとなおさらいい!

先日、たまたま近所の若いお友だちとクッキーのハナシになり、彼女の持っていたこの本を貸してもらうことに。

 

大人気の焼き菓子職人、なかしましほさん

こういう「自然系お菓子」の本、自分ではちょっと買わないけど、気になっていた本です。

表紙にもなっている「スマイルビスケット」は、なかしまさんの代表作かな?

レシピはとてもかんたんで、

  • 小麦粉と全粒粉 各60グラム
  • 塩 ひとつまみ
  • 菜種油 大さじ2
  • メープルシロップ 大さじ2

以上!!

なんといってもボウルひとつでできるのはいいですよね。

スマイルビスケットを作る

まず、粉類と塩をざっと合わせます。

さらに油(菜種油ではなくわたしは太白ゴマ油を利用)をまぜあわせ、手でスリスリし、さらさらの状態にします。

そこにメープルシロップを混ぜて・・・

 

まとめます。

 

まとめ・・・ます?

 

まと・・・あれ??

 

全然まとまらない!なんで!

 

組織をまとめようとしてもちっともまとまらない・・・

 

会社かよ!

 

むりやり手でギュウギュウまとめた。ふぅ。でもカッチカチやぞ。

 

レシピでは「耳たぶくらいの固さになる」って書いてあるけど・・・

耳たぶがこの固さの人はたぶん死んでる

という固さになってしまいました。

 

よくよくレシピを見ると、「油を少し多めにしてもいい」とあるので、ちょっと足して・・・なんとか麺棒で伸ばせるように。

で、型を抜いて。

顔を書くのがなんか地味に楽しい。

 

愛着がわいてきました。

我が家のオーブンで、焼成します。これかなり安くなっていて、おすすめ。

170度、30分が規定。

ところが焼成中にブレーカーを落としちゃった!!!

エアコンと炊飯器も使っていたのがNGだったみたい(当たり前か)。

・・・適当に焼き上げました。

完成!ここまで笑顔の余裕なかったわ~

スマイルビスケットを食べた感想

ひとくち食べて、

「さくさく!あまーい!おいちいー」

・・・ってものではなく、

「(噛みしめ噛みしめ)うむ・・・もう1枚」

っていうなんだかお菓子らしからぬシブイ感想でした。

 

しかし、なぜかあとからあとから、ジワジワ美味しい。

で、(おなかの減り具合にもよるけど)たくさん食べられます。

ふつうのクッキーだと2~3枚くらいですが、これは5枚くらい食べてしまいました。

あぁ、まさに「ごはんのような」。そういうことか。

 

しかし、こういう自然系のスイーツは、「失敗」なのか、それとも「こういう味」なのかの判断が難しい・・・

なかしまさんのクッキーが食べてみたい!答え合わせしたいなぁ。

ま、でも全然もっと美味しいハズです(笑)

なかしまさんの動画を再確認

さて生地が異常にまとまらない件なのですが、このなかしまさんの動画を見ていると、いとも簡単に作っていらっしゃるんですよね。

まぁご本人だから当たり前ですが。

こういうのって、「自転車に乗る」みたいなもので、何度もやってるうちに、急にできてしまうものなんじゃないかなーって気がします。

これで完成したのを見るとやっぱり断然美味しそうだ・・・

 

 

生地をまとめるには、いろんな情報を集めると、

  • 油は粉の中心に置いて混ぜ合わせる
  • 混ぜたあとに手ですり合わせるのはしっかりやる
  • メープルは生地の外側中心にふりかける(油と逆)

がポイントらしいのです。要は油と粉をしっかり合わせること。味にも結構差が出るみたい。

次回またチャレンジ!笑顔で作りたいw

Twitterの反応

試行錯誤、苦労している人も多くて安心(?)です。

ブログ見ると、同じように「ちきしょー!まとまんねぇ!!」とキレ気味の人もいて、なにかの修行みたいな感じもしますね。

しかしこうした料理研究家のひとって、不器用な読者から「うまく作れん!!」ってクレーム来たりするのでしょうか。大変そうです。

まとめ

うーん、「ふつうのお菓子」と、「自然系のお菓子」は、結構材料が異なるので、どっちか路線に決めたほうが、効率よく作れます。今後どっち路線にするか、悩むところ・・・

こういうお菓子の良さも今回改めて認識しました。

が、たっぷりバターと砂糖!みたいなのも好きなんですよねぇ。

悩みつつも、ともかく朝イチからのお菓子作りは楽しかったです。