移住のリアル

「田舎は生活費が安い」は事実?実際の生活費を公開して徹底検証

こんにちは、ななみんです。

田舎の生活費って、

「家賃が安いし、野菜ももらえるから安い」

という人もいれば、

「クルマ生活だし、なんでも定価で高い」

という人もあり。

いったいどっちなんだ!!

って思いませんか?

2年間高知の田舎に住んでみたわたしから、実体験をもとに「田舎の生活費」を検証してみたいと思います。

この記事は、

  • 田舎の生活費ってほんとうに安いの?
  • 何が高くて、何が安いの?
  • 自分はいくらあれば田舎で暮らせる?

という疑問を持っている方に向けて書いています。

我が家の生活費の実態

我が家は40代夫婦のみなので、お子さんがいると変わってきますが、だいたいこんな感じです。ポイントだけ赤くしました。

東京 高知 備考
家賃 14万円 2万5千円 いずれも賃貸
食費 5万円 3万円 食材が安く、外食が減った
雑費 1万円 1万円 ほぼ同じ
交際費 3万円 2万円 やや低下
光熱費 1万2千円 1万5千円 電気、ガス、水道、灯油代
通信費(1) 7千円 7千円 スマホ2台とiPad mini
通信費(2) 3千円 6千円 家庭用wifi
自動車費 1万円 3万円 東京はカーシェア
26万2千円 14万2千円

ただしこれはあくまで「ミニマムコスト」です。特別な贅沢も節約もしていません。

何もなければ確かにこの金額ですが、「何もない月」ってないんですよねぇ・・・

友達がやってきて一緒に遊んだり、家電が壊れたり、体調を崩したり、冠婚葬祭があったり。

なんだかんだ、毎月プラス3万円くらいはかかるんじゃないでしょうか。

田舎の生活費のポイントは「家賃」と「クルマ」

東京と高知、最大の違いは言わずもがな家賃。しかも2万5千円は特別安いわけでもないんです。

周囲で賃貸住まいに聞いてみると、家賃1万円~2万円くらいが多数派。

中には、

「人が住まないと家が傷むけん、住んでくれりゃええ」

と言われて、タダで住まわせてもらっている人すらいるくらいなので、ホント東京が家賃高すぎです。

クルマは2台持ち。1台は仕事に使う軽トラック、もう1台は普通乗用車。

購入費用は別にしても、

  • ガソリン代
  • 保険料
  • 車検

を月にならすと、2台で30,000円くらいはかかる計算。

ただ都会で莫大にかかる「駐車場代」がかからないのは田舎ならではです。

落とし穴は光熱費

意外な落とし穴は光熱費。高知のほうが高い・・・

ただこれは高知のせいというより、ライフスタイルの変化によるところが大きいです。

  • フリーランスになった→在宅時間が長い
  • 一軒家になった→広くなってエアコン2台必要
  • 古民家になった→暖房・冷房効率が悪い

真夏や真冬は、二人しかいないのにエアコン2台稼働。さらに夏は扇風機、冬は灯油ファンヒーターまで取り出す始末。

そりゃおカネかかります・・・

また、移住前に「ものすごく高い」というイメージがあってビビってたプロパンガス。

こんなの見たら、引きますよね。

ただ、現実は、こちらで借りているおうちのお風呂が「灯油ボイラー」でガスを使わないためか、東京とほとんど変わらず月々4千円くらいに収まってます。これ心底ホッとしました。

ま、灯油代はかかるのですが、灯油のほうが熱効率は良いようです。

インフラが悪く、自腹のコストがかかる

通信費、高知のほうがお金がかかってなんとなく残念です。

まず格安SIMのみおふぉんでスマホ2台とiPad mini1台を契約して、通話料も含めて7000円くらいというのは東京も高知も同じなのですが・・・

問題は家のインターネット。以前はwimaxで3,000円程度で契約できていたんですが、こちらではwimaxがエリア対象範囲外。

インターネットのために、地元のケーブルテレビを契約しないとなりません。そもそもそれがないと地デジも見られないという環境なんです。(ちょっと意味がわからない)

ほんと、東京の水準が当たり前だと思わないように・・・

ともかくテレビ代とインターネット代に月に6千円程度払っています。

ただ高いだけあって、山の中なのにすんごい爆速wで、まぁ仕事をするのにストレスがないのでOKとします。

田舎はおカネを遣うところがない、は大間違い

もうひとつ、田舎の生活費で注意すべきところは、

「田舎はおカネ遣うところないから、おカネがかからない」

というコメント。これ、100%ウソです。

日本の田舎は案外魅力的なお店がたくさんあるし(クルマで1時間かかったりするけど)、日帰り温泉だとか、美味しい居酒屋だとか、いくらでも使うところはあります

さらに家が広いのでモノを置く場所を気にする必要もないし、インターネットがあればいくらでもモノは買えてしまう。

田舎にさえ行けば、自然と物欲や出費が抑えられる・・・ワケがないです。

意外と節制を強いられますので、そのあたりは覚悟しておいたほうがいいですよ。

いくらあれば暮らせるのか?

よく、「田舎で生活コストを下げて人生をラクにする」みたいな話を聞きます。

まったく間違いでもないんですけど、上に書いたようにおカネを遣うところはたくさんあるので、全員がそれに成功するとも思えないんですよね。

結局、いくらあれば暮らせるか、というより、何がなければ暮らせないのか、に焦点をあてたほうがよいのではないでしょうか。

自然なのか、利便性なのか。仕事なのか、趣味なのか。出世なのか、家族なのか。

たとえば、四万十市には「趣味のサーフィンさえできればあとは何もいらない」みたいな移住者の人がたくさんいますが、そういう人はホントに波に没頭していてい、それ以外にはおカネを遣わないんですよね。

だから生活コストも下がる。稼ぐべきおカネも少なくて済む。そして波に乗る時間が増える。という好循環です。

優先順位を決めるということは人生のあらゆる場面において本当に大事なことなんだなぁと感じます。

ななみん’sView

都会でも田舎でも、遣っちゃう人は遣っちゃうと思うんですが、それでも田舎にいると

ムダな見栄を張らずに済む

というのはあります。流行に沿った服とか、知人に負けない高級バッグとかね。

収入をコントロールしやすいのは都会、支出をコントロールしやすいのは田舎、という感じがしています。

:一概に田舎は生活費が安いというのは間違