40代からのワークライフ ~ 転職とか起業とかリタイアとか

こんにちは、nanami*です。

現在、アラフォーというよりアラフィフに近くなってきたわたしですが、最近、「転職」「早期リタイア」「起業」に踏み切る同年代の友人・知人が急に増えてきました

50代に近くなれば、会社員では管理職になり年収も上がるのが理想ですが、わたしたち(1970年代前半生まれ)は人口が多いのです。
一方、会社では、管理職のポジションは限られています。

会社としても、若い人に安い給料で働いてもらいたい(パフォーマンスが大して変わらないなら)というのが本心。

つまり端的に言って、40代以上が余りがちで、なんとなく会社で居住まいが悪い。
そんな思いをしている人はたくさんいると思います。

少し前なら、60歳から65歳くらいまで、なんとか会社員で逃げ切れたものですが、厳しくなってきてるな・・・と肌で感じます。

そういうわたしは、みんなより少し早く、42歳で転職(日系企業→外資系企業)し、45歳で脱サラしてついでに移住しました。

わたしの見切りが早かったのは「先見の明があったから」・・・とかではなく、単に、自分が管理職の能力がないことを自覚していただけなんですが。

そんなわたしですが、転職や起業に関する個人的な経験が、40代からワークライフに転機を迎えている人の参考になれば嬉しいです。

随時更新していきます☆